暑さ対策にカーフィルムがオススメ!選び方のポイントは?

夏の炎天下に屋外に窓を閉め切って停めておいた車を開けた瞬間、その強烈な熱気にうんざりする経験は誰もがお持ちではないでしょうか。また運転中でも、夏の日差しにエアコンが負けてしまうこともあるでしょう。

特に古くなってきた車はエアコンの効きが悪いことも多く、またエアコンの性能は別にしても効率的ではありません。そんな車の灼熱感を相当に低減してくれるのがカーフィルムです。今回は暑さ対策に有効なカーフィルムの選び方をご紹介します。

文・PBKK

カーフィルムを貼る際の注意点

整備し

まず、第一に注意していただきたいのが、自分でフィルムを貼ろうとしないことです。できるだけ評判の良いカー用品ショップやガラス屋さんに依頼しましょう。自分でやってみるとわかりますが、きれいにフィルムを貼るというのはとてつもなく難しいことです。

素人がいきなりやっても失敗する可能性が大いに高いです。カーフィルの貼り付けを失敗すると、見た目が悪いものさることながら、最悪の場合は車検に通らないこともあるので、無理せずプロに依頼しましょう。

もう一つ注意したいのが、カーフィルムの遮蔽率です。特にスモークタイプのフィルムになりますが、自動車整備の保安基準として、フロントガラス、運転席側窓、助手席側窓の3か所の光の遮蔽率は70%以下でなくてはなりません。これを超えるものになると車検にも通りませんので、気を付けてフィルムを選んでください。

スモークフィルム

カーフィルムは比較的手ごろな値段ながらもその効果は絶大です。日中の陽の熱さの軽減はもちろん、エアコンの効率化によって経済的な走行も期待できるので、興味がある方はぜひ、お近くの施工店に問い合わせてみましょう。