衰えないデザイン!日産パイクカーシリーズの魅力

バブル期に一世を風靡した日産のパイクカーシリーズですが、今なおそのクラシカルなデザインは衰えを見せることなく、それどころかさらに魅力を増しているようにも感じます。今回は、そんな日産 パイクカーの魅力を紹介します。

Chapter
ブームは時代に逆行する形で始まった
ユニークなクルマたち
今なお人気は衰えず

ブームは時代に逆行する形で始まった

日産 Be-1

1980年代のバブル景気の真っ只中に、当時自動車業界の主流であった「ハイパワー」かつ「ハイテクデバイス」という風潮に殴り込みをかけるように登場したのが日産「Be-1」でした。後にパイクカーシリーズと呼ばれるようになるその最初の1台は、初代日産マーチをベースに限定生産という形で販売が開始されると、またたく間に予約が殺到するというブームを引き起こしました。

ユニークなクルマたち

Be-1が爆発的なヒットを記録すると、日産は立て続けに同様の手法を採ったクルマを販売し、1989年には「パオ」、1991年にはオープンカータイプの「フィガロ」の販売が開始されました。限定販売や受注生産という形をとっていましたが、国外にもその人気は知れ渡り、エリック・クラプトンといった海外セレブリティも所有するなど、そのデザイン性の高さが評価されました。

また、合理性から解放されたパイクカーの自由なスタイリングは欧州メーカーにも影響を与えたとされ、1990年以降のニュービートル、ミニなどの新たなリバイバルデザインの潮流を生むきかっけとなったとも言われています。

今なお人気は衰えず

日産 パオ

このパイクカーは現代の自動車にレトロデザインを用いた最初のケースとされています。安全基準などが厳しくなったことなどから、日産から現在発売されているパイクカーはありません。しかし発売当時、革新的なデザインでブームとなった日産のパイクカーシリーズその人気は今なお衰えず、都内を始めとして全国にパイクカーの専門店が存在するほどです。