ぜひ訪れたい!日本の自動車ミュージアム4選

日本にある個性豊かな自動車ミュージアムの中から、厳選して紹介します。

Chapter
1.日本自動車博物館
2.オールドカーセンター・クダン
3.メガウェブ
4.伊香保おもちゃと人形 自動車博物館
日本各地には様々な自動車ミュージアムが点在

1.日本自動車博物館

自動車ミュージアム

石川県にある日本自動車博物館は、1978年に日本初めて作られた自動車ミュージアムです。常時500台の車が当時の状態のまま、メーカーやジャンルごとに分けられて展示されています。日本自動車博物館では、世界に1台しかない「コニリオクーペ」や、イギリスの故ダイアナ妃が来日したときに乗った「ロールスロイス シルバースパーⅡ」など、他では見られない貴重な車を見ることができます。

開館時間は9時~17時まで、休館日は12月26日~31日のみとなっています。入場料は大人1,000円、小・中学生500円です。

2.オールドカーセンター・クダン

トヨペット クラウン 1955

オールドカーセンター・クダンは、福島県にあるミュージアムです。館名にも入っているように、「オールドカー」と呼ばれる車が約80台展示されています。展示されているオールドカーは、日本やアメリカ、ドイツ、ヨーロッパといった地域の車です。オールドカーセンター・クダンは、オールドカー以外にも、飛行機や戦艦の模型、実物大の戦闘機なども展示されているので、車好きの大人だけでなく、車を詳しく知らない方やお子さんでも楽しめる空間となっています。

開館日は土日祝日の10時~16時までで、入場料は大人900円、小・中・高校生600円です。


3.メガウェブ

トヨタ クラウン 2018

メガウェブはトヨタの体験型ミュージアムです。メガウェブは、「トヨタ シティショウケース」「ヒストリーガレージ」「ライドスタジオ」の3つのゾーンに分かれています。ヒストリーガレージでは、1950年代~1970年代の世界のヒストリックカーや、ラリーに参戦した車の展示を見ることができ、ライドスタジオでは電動カートなどを、実際に体験して楽しむことができます。「トヨタ シティショウケース」では、トヨタの最新モデルの展示やトヨタ車の試乗体験以外にも、トヨタのモビリティへの取り組みなど遊びながら体験することが可能です。

場所はお台場にあり、休館日は不定期となるので公式HPにて確認してください。入場料は無料となっています。


4.伊香保おもちゃと人形 自動車博物館

フェアレディZ432

群馬県にある伊香保おもちゃと人形 自動車博物館は、私設ミュージアムの中で国内集客No.1となる人気施設です。懐かしのスポーツカーからファミリーカーまで、70台が展示されています。その他にも、個性的なミニクーパーが展示されているエリアもあります。また、車以外にもテディベアや昭和のおもちゃや人形、駄菓子屋横丁などを様々なコンテンツがあり、車好き以外にも小さいお子さんから大人まで楽しむことができるミュージアムです。

入館料は大人1,080円、中高生860円、幼児・小学生が430円となっています。休館日は年中無休で、開館時間は8時半から18時(4/25~10/31までの期間)です。

日本各地には様々な自動車ミュージアムが点在

ドライブ

今回紹介した以外にも、日本各地には様々な自動車ミュージアムが点在しています。自動車ミュージアムには、そこでしか見られない貴重な車が展示されている場合がほとんどです。ぜひ次の休日に、自動車ミュージアムに出かけてみるのはいかがでしょうか。