インパクトありすぎ!車幅が広くて日本では走りづらい輸入車4選

アヴェンタドール

突然ですが、車を購入する際に車幅を意識しますか?輸入車のスーパースポーツやラグジュアリーセダン、SUVに乗る方は意識するかもしれませんね。もともと車両の大きさで税金の額を変えることがなかった諸外国では、車幅に対するこれといった基準がないため、輸入車を購入する際には、日本でちゃんと運転できるか見極める必要があります。ということで、今回は車幅の広い輸入車を見ていきましょう。

Chapter
日本では1,800mmが一つの基準値になっている?
セダン:ロールス・ロイス ファントム
クーペ:ランボルギーニ アヴェンタドール
SUV:キャデラック エスカレード
ステーションワゴン:フェラーリ FF

日本では1,800mmが一つの基準値になっている?

国土交通省が2012年に発表した資料によると、日本にある般道路全体の平均幅員は4.3mですが、その約84%は平均幅員3.8mの市町村道なのだそうです。

つまり、道路片側の幅は1,900mmとなり、車の幅はそれ以下でなければすれ違う際に支障をきたします。そのため、国産メーカーの車の多くは車幅を1,800mmまでに抑える傾向があります。

一方で輸入車には、車幅が2,000mm近くのものがたくさんあります。ボディタイプごとに見ていきましょう!

セダン:ロールス・ロイス ファントム

2017年7月に発表されたニューモデル、8代目ファントムの車幅は2,018mmです。高級感ある存在感だけでなく、サイズも豪華になっていますね。

<次のページに続く>
次ページ
クーペ:ランボルギーニ アヴェンタドール