気づいたら、ボディがまっ黄色。黄砂や花粉の効果的な洗車・除去方法とは?

洗車

暖かくなり気候が良くなると気になるのが、花粉と黄砂。この花粉や黄砂は、私たち人間にとっても有害ですが、車にとっても有害で、放っておくとシミとなり、最悪の場合、ボディを侵食してしまいます。今回は、そんな花粉や黄砂から大事な愛車を守る除去方法を紹介します。

文・吉川賢一

Chapter
花粉と黄砂が車に与える影響とは?
これは逆効果!花粉対策の洗車で絶対にやってはいけないこと
効果的な花粉、黄砂の除去方法は?

花粉と黄砂が車に与える影響とは?

3~5月、屋外に駐車したクルマのボディや窓ガラスがうっすら黄色っぽくなっていたら、それが”花粉”です。筆者のクルマは黒いボディなので、ひとたび雨が降って風が吹くと、クルマ全体がトラ模様になってしまい、黒いクルマを買ったことを後悔することになります。

またやっかいなことに、花粉は雨に濡れるとなかからべクチンというネバネバ物質が染み出し、塗装やコーティング被膜に吸着し、そのまま乾燥すると、無数のシミを作ってしまいます。

そして、同じ時期、おもに中国の砂漠地帯で巻き上げられた土や鉱物などの微粒子が、偏西風に乗って飛んでくるのが”黄砂”。ピークは4月で、ひと雨浴びただけでボディが真っ白になることもあります。

放置するとザラザラこすれてキズつきの原因にもなりますし、塗装やコーティング被膜がダメージを受けてしまうこともしばしばあり、こちらもやっかいです。

これは逆効果!花粉対策の洗車で絶対にやってはいけないこと

車を洗う頻度が少ない、ましてやそのまま放置するのは、決して良くありません。花粉や黄砂は、紫外線や雨(酸性雨)で酸化をします。この酸化を放置してしまうと、ボディコーティングが弱くなり塗装が傷んでしまいます。

それはやがて塗装の浸食へと進んでしまい、ボディのツヤが無くなってしまいます。花粉や黄砂が飛ぶこの時期は、特にこまめな洗車を心がけたいですね。また、雨が降った後はできるだけ早く洗車をすることをおすすめします。

ただし、花粉や黄砂を落とそうと、やみくもにゴシゴシとボディをこすってはいけません。かえって傷の原因になります。また、花粉や黄砂を落とす前のワックスがけも厳禁です。しっかり洗車して落としきってから、ワックスがけをしましょう。

<次のページに続く>
次ページ
効果的な花粉、黄砂の除去方法は?
商品詳細