できる社長は中古ベンツが好き!? そのカラクリを解説しましょう。

メルセデス Sクラス

プロスポーツ選手や企業の社長など、高額所得者が税金対策のためにクルマを買う、ということをよく耳にしますよね。どうしてクルマを買うと節税となるのか、そのカラクリと効率的な節税方法を、元金融マン・元カーディーラー営業マンの立場から紹介していきます。

文・赤井福

もっとも効率良く節税するためには

金融マンから自動車ディーラーの営業マンに転身した際、「この社長は節税がわかっているな」と感じたのは、”中古車を買いに来る社長”です。具体的には、4年落ちのLS600hを認定中古車で1,000万円で購入されるような社長です。

これには、中古車の場合の減価償却の耐用年数が絡んできます。減価償却を計算する際の、中古車の耐用年数は、初度登録からの経過年数によって決められています。1年落ちで5年、2年落ちで4年、3年落ちで3年となり、4年落ち以上では2年間と決められています。

つまり、高級車の中古車の場合、4年落ちが一番効率がよく、メルセデス・ベンツのSクラスやレクサス LSなどでは、4年落ちでも1,000万円を超える認定中古車がたくさんあります。

このような高額な中古車を買うことで、年間500万円程度の経費を計上することができ、新車で1,500万円のクルマを買って6年かけて償却するよりも、短い期間で大きな額を経費として落とすことができるのです。これを知っていて意図的に高い中古車を買い求める社長は、儲かっていて頭がキレる方だなと感じました。

このように、自身で事業をされている方にとっては、高級車購入は効率的な節税法のひとつなのです。あまり専門的にならないように説明してきましたが、もっと細かく条件や計算方法を知りたい場合は、税務の世界に足を踏み入れてみてください。

-----------------
文・赤井福
大学卒業後、金融業に従事。その後、6年間レクサスの営業マンとして自動車販売の現場に従事する。若者のクルマ離れを危惧し、ライターとしてクルマの楽しさを伝え、ネット上での情報発信を行っている。