できる社長は中古ベンツが好き!? そのカラクリを解説しましょう。

メルセデス Sクラス

プロスポーツ選手や企業の社長など、高額所得者が税金対策のためにクルマを買う、ということをよく耳にしますよね。どうしてクルマを買うと節税となるのか、そのカラクリと効率的な節税方法を、元金融マン・元カーディーラー営業マンの立場から紹介していきます。

文・赤井福

Chapter
クルマは会社の資産
クルマならなんでもいいわけじゃない
もっとも効率良く節税するためには

クルマは会社の資産

プロスポーツ選手や芸能人など、顔が知られている著名人の場合、仕事場への移動に公共交通機関を使うことは憚られます。

そこで、仕事のための移動に使う手段としてクルマを買うことは、自身の事業経費となりえます。また、会社の社長が、通勤や業務中の移動に使う名目のクルマも同様の理由から事業経費となります。名義は会社ですので、会社の資産になるのです。

会社や個人事業主の持つクルマは、「減価償却」といって一定割合ずつ価値が目減りします。その目減り分は、経費として算入することが認められており、本業での”儲け”を少なく(=節税)することができるのです。

減価償却の期間は新車で6年間となっており、6年かけて価値がゼロになるように計算されます。裏を返すと、6年間をかけて購入時の金額を経費として計上していくのです。

かなり大雑把な説明ですが、つまり儲かっている会社はクルマを買うことで、その年の利益を少なく計上できるので、税金対策となるのです。

クルマならなんでもいいわけじゃない

金融マンとして働いているときに、税金対策としてフェラーリやランボルギーニのようなスーパーカーを購入した社長がいました。しかし、それらのスーパーカーは経費として税務署に認められず、その社長は不満を漏らしておられました。

先に述べたように、クルマが必要経費として認められれば、節税の効果がありますが、そもそも事業に必要がないものと判断されてしまえば、事業資産としての計上ができなくなるため、節税対策にはなりません。

税務署の判断なのでさまざまな例がありますが、会社の社長が仕事で乗るクルマがフェラーリやランボルギーニである必要がなく「これは趣味のクルマを会社のお金で買っているだけだよね」となってしまうと元も子もありません。趣味の要素が強いスーパーカーやスポーツカーなどは注意が必要ですね。

一方、メルセデス・ベンツのSクラスやレクサス LSなどは、社用車としての使用の意味が確立されているので、引っかかるケースは少ないでしょう。ですから、会社の社長カーはメルセデス・ベンツやレクサスが多いのです。

<次のページに続く>
次ページ
もっとも効率良く節税するためには