リサイクル料金って、どこに使われているの?

リサイクル

クルマのオーナーであれば、リサイクル料を払っていることと思います。しかし、どんな理由で取られているのか、またどんな使い方がなされているのか、気になりませんか?

Chapter
リサイクル料とは?
自動車リサイクル法が導入
気になるリサイクル料の使途
リサイクル料はどれくらい?
リサイクル法施行前のクルマはどうなってるの?

リサイクル料とは?

クルマの購入時に支払うリサイクル料金。その証明として発行されるものが「自動車リサイクル券」で、車検証ケースのなかに入っている方が大半だと思います。リサイクル料は、車種やグレードごとに一定額課せられており、通常は新車、中古車に限らずクルマを購入した際に支払っています。

リサイクル料を支払う法律(使用済自動車の再資源化等に関する法律)は2000年に制定、2005年から施行されています。では、このリサイクル料は、なんのために支払っているのでしょうか?

自動車リサイクル法が導入

2000年頃といえば、地球温暖化など環境意識の高まった時期であり、クルマ業界も一気にエコ、ダウンサイジングなどに傾いていった時期でもあります。

そんな時代背景もあり、使用済自動車(廃車)から出る資源をリサイクルして有効活用するため、自動車メーカーもリサイクルの責任をはたし、また自動車の廃車時にかかるリサイクル費用を、基本的に新車購入時にリサイクル券購入というカタチで支払っています。

要するに、資源を循環し、環境にやさしいクルマ社会に向けて努力しましょう、という取り組みとなっているわけです。

<次のページに続く>
次ページ
気になるリサイクル料の使途