軽自動車を2台持ちするなら、どれとどれ?

ホンダ N-BOX

普通自動車を販売台数で抜き去り、「日本の国民車」ともいえる軽自動車。日本独自の規格に基づいて作られ、メーカーが精一杯の努力をして作り出した努力の結晶です。もし、あなたが軽自動車を2台所有してカーライフを有意義に過ごすなら、どういったクルマを選びますか?様々なボディタイプからおすすめの車種をご紹介します。

文・赤井福

Chapter
軽自動車のボディタイプ
家族でしっかり使える「ハイトワゴン」×「ツーボックス」
積載量と走りの両立「ワンボックス」×「SUV」
実用性とカッコよさ「ワンボックス」×「スペシャリティ」

軽自動車のボディタイプ

現在、新車で販売されている軽自動車のボディタイプには、ハイトワゴン(N-BOX・タント等)、ツーボックス(ミラ・アルト等) 、ワンボックス(ウェイク・エブリィ等)、SUV(ハスラー等)、スペシャリティ(コペン、S660等)などがあります。

それぞれに良さとニーズがあるので、各メーカーは作り分けているのですが、なかでも人気のハイトワゴンは、1台でクルマの用途をそつなくこなせる万能型で「室内空間は広ければ広いほど良い」と思われるのであれば、絶対に外すことのできない1台となるでしょう。

しかしながら、価格面ではやや高級路線、普通乗用車のコンパクトカーより上回ることも珍しくありません。それぞれのメリット・デメリットを理解したうえで選択をしましょう。

家族でしっかり使える「ハイトワゴン」×「ツーボックス」

3~4人家族で、万能に使い倒したいのであれば、ハイトワゴン×ツーボックスの組み合わせがおすすめです。

ファーストカーにハイトワゴンを選び、通勤用やお買い物用としてツーボックスを使ってみてはいかがでしょうか。旅行などの外出には、居住スペースに不満がないハイトワゴンを使いつつ、普段の足としては燃費の良いツーボックスを使います。

具体的には、ダイハツのタント×ミラや、ホンダ N-BOX×スズキ ラパンなど、さまざまに組み合わせができます。

ただしこの組み合わせは、ハイトワゴンにランニングコストが多くかかります。スライドドアのハイトワゴンは車重が重く、燃費もあまり期待ができません。そのぶん普段の足として使うツーボックスには、燃費の良いグレードなど、家計に優しい選択が求められます。

<次のページに続く>
次ページ
積載量と走りの両立「ワンボックス」×「SUV」