夏にスタッドレスタイヤを履いたままでも平気?

スタッドレスタイヤは"冬タイヤ"というくらいですから、冬に装着するものだということは誰もが知っています。しかし、忙しくて交換のタイミングを逃してしまったり、ショップに持ち込むのが面倒に感じたり。そうしている間にあっという間に春、夏と過ぎていってしまいます。実際、意識して見ると、夏にスタッドレスタイヤを履いている車が少なからず走っています。夏にスタッドレスタイヤを履いたままでも、問題ないのでしょうか?

Chapter
スタッドレスタイヤの特徴
夏にスタッドレスタイヤで走行するとどうなる?

スタッドレスタイヤの特徴

見た目にはわかりにくい部分ですが、スタッドレスタイヤとノーマルタイヤでは、ゴムの硬さが違います。

ゴムは気温が高いと柔らかく、気温が低いと固くなる性質がありますが、スタッドレスタイヤは冬の極寒でもグリップを確保するために、柔らかいゴムを使っています。このゴムは、-20℃でも固くならず、冬場の走行を助けてくれます。

しかし、路面温度が高い夏場では、そのゴムが柔らかくなりすぎるため、グリップは低下することになります。

また、スタッドレスタイヤとノーマルタイヤを比べると、溝の数が違うことがわかります。特に太くて深い溝が刻まれているので、季節を問わず濡れた路面で性能を発揮してくれそうです。

ところが、スタッドレスはブロックのなかにも細かい溝が刻まれており、これが水圧に負けて変形すると水はけが悪くなり、ハイドロプレーニングを起こしやすくなります。

夏にスタッドレスタイヤで走行するとどうなる?

先述した通り、スタッドレスタイヤは特殊なゴムにより気温の低い冬でもある程度の柔らかさを維持しています。

ところが、気温の高い夏の場合、スタッドレスタイヤはさらに柔らかくなり、ノーマルタイヤに比べてグリップが低下し、さらにゴムが変形しやすいので、ブレーキが効きにくくなります。

また摩耗もしやすく、さらに耐ハイドロプレーニング性能が低いので、濡れた路面では思っている以上に危険。夏にスタッドレスタイヤのまま走行するメリットはほぼないと言えます。

タイヤは一度履いたら履きつぶしたほうが交換の手間もなく効率が良いと感じるかもしれませんが、夏場のスタッドレスタイヤはデメリットだらけなのです。

タイヤの寿命を延ばすためにもシーズンが終わったら、ノーマルタイヤに履き替えることをおすすめします。