ライバル比較!レガシィB4とマークXを徹底比較!

レガシィB4のエクステリアデザイン

レガシィB4

4WD専用セダン+水平対向エンジンという特異な個性が特徴の「レガシィB4」は、機能性を全面に出すエクステリアを採用しています。高級感は薄い印象ですが走行性能や安全性、乗員すべてが快適に移動できる室内空間など、「スバルのセダン」として欠かせない基本性能を磨き込み、それらをデザインによっても表現することで、質感を大幅に高めています。
フロントはバンパー一体となるヘキサゴングリルとホークアイヘッドランプによるスバルのファミリーフェースを構成。また、フロントノーズから始まる立体的な造形をボディへ連続させる事で、よりダイナミックで表情豊かな造形表現を実現しています。リアコンビランプにもヘッドランプと共通のモチーフを採用することで、精悍な印象が前後で統一されています。

B4は、スバルのフラッグシップセダンとして、よりスポーティで高品位なスタイリングを追求。塊感のあるフォルムと伸びやかなキャラクターラインにより、たくましさと俊敏な走りの両面を表現しました。

マークXのエクステリアデザイン

マークX

マークXはレガシィB4よりも一回り小さなボディを与えられていますが、プラットフォームは初代マークX(12代目クラウンや3代目レクサスGSとも同じ)から引き継いでいます。レガシィB4が機能性重視の硬派なスタイルであるのに対して、マークXは「glam tech(グラムテック)」をデザイン開発キーワードに、ダイナミックな見ごたえを表現するおおらかな面質(グラマラス)と、近代感や精度感を表現する硬質な面質(テック)との巧みなコントラストによる、ダイナミックかつスタイリッシュなフォルムが特徴です。

1,435mmの全高に、全幅およびトレッドを20mm拡大した低重心スタイルに始まり、前後ピラーの裾野を広げ、アンダーボディとの一体感を強めたエレガントで伸びやかなサイドシルエットを与えられています。外装では、3連を強調したヘッドランプやメッシュグリル、内装では、円筒形状メーターやブーツ式のシフトレバーを採用し、スポーティ感を強調しています。

レガシィB4のインテリア

レガシィB4
レガシィB4

「コンフォート&スポーティ」をデザインテーマとし、上質さ、快適さを格段に向上させながら、スポーティなドライバーズエリアやインフォテイメントの愉しさを提供する新世代インテリアを実現しています。立体感のある筒型2眼メーターを採用し、メーター中央には、EyeSightやSI-DRIVEの作動状況を表示する大型カラー液晶マルチインフォメーションディスプレイを搭載。上級グレードには、先進的な印象を高めるメーターリング照明を設定。

照明はブルーを基調としながら、EyeSightの警告など、走行状況の変化に応じて色を切り替えます。スバルのフラッグシップに相応しいインテリア品質として、ソフトパッド化されたダッシュボードやクッション厚を増したアームレストなど、各部の素材や触感にこだわったインテリアです。

見た目はシンプルでやや無機質ですがB4の高水準の走りや高い安全性能のイメージをインテリアデザインに盛り込んだという印象です。

マークXのインテリアは?

マークX
マークX

マークXの内装はスポーティ感を強調しつつも、上級セダンとしてのラグジュアリームードも考慮されたデザインとなっています。円筒形状メーターやブーツ式のシフトレバー、グリップを太めにし、握り心地を向上させた本革巻きステアリングホイールなどでスポーティさを演出しているほか、ホールド性を高めるために座面・サイド部(運転席・助手席)の角度を見直し最適化させています。スイッチ操作でシート背面を前後させる電動ランバーサポートを運転席に採用し、運転時の腰のフィット感を向上させています。

スパルタン&機能性重視のレガシィB4と、スポーティ&高級感も十分のマークX。車のイメージがそのままインテリアにも表れていますね。

この記事をシェアする