ライバル比較!エクストレイルとフォレスター、それぞれの魅力とは?

"誰もが乗れる"日産 エクストレイル

エクストレイル

エクストレイルは、日産が2000年から製造・販売するミドルサイズのクロスオーバーSUVです。初代のコンセプトは「4人が快適で楽しい、200万円の使える四駆」というもの。

現在、SUVはその人気から「高級化」が進んでおりますが、日産はキープコンセプト、そしてどちらかといえば「オフロード」イメージの強い展開をしております。もしかしたら「雪山を豪快に走る赤いエクストレイル」のTVCMを見た方もおられるのではないでしょうか。

現行モデルは2013年にモデルチェンジをうけた「3代目」となっており、初代は2.0Lターボエンジンのグレードもありましたが、現行モデルは「ハイブリッド」も用意されるなど、環境性能も重視するようになっていますね。

価格も223万円~と、高級路線ではなく、多くのユーザーに乗ってもらうSUVとしての色合いがあり、2001年~2011年の10年間、日本国内のSUV形乗用車販売台数第1位をキープした、国民的SUV、ともいえるモデルです。

独特のSUVスバル フォレスター

フォレスター

フォレスターは1997年には発表されたスバルのクロスオーバーSUVモデルです。初代モデルから、車体のベースになっているのがラリーでも活躍した「スバル・インプレッサ」となります。初代モデルと二代目モデルをみていただくとわかるように、"いわゆるSUV"とは少し違いますよね。

ツーリングワゴンの天井を少し拡大したような形。しかし、通常の乗用車と変わりなく乗れる、という部分もあろうと思います。

2007年に発表された三代目フォレスターは大きく姿を変更。車高も高くなり、皆がイメージする「SUV」のテイストになりました。基本ベースはインプレッサと同じものですから、走りの信頼性は損なわれず、さらに4代目はフロントマスクもより精悍なデザインに刷新、2013年にグッドデザイン賞を受賞しています。

走行性能は勿論、スバルは「アイサイト」といった安全装備も充実させており、その安全性能でも高く評価されている一台です。

甲乙つけがたい、二台のSUV…

このように、日産 エクストレイル、スバル フォレスターともに様々な魅力がつまっており、また10数年以上作られモデルチェンジの度に熟成もされているモデル。現在SUVモデルを探している、という方には有力な選択肢になる2台なのです。

特別仕様車は何が違うのか?エクストレイル、フォレスターの特別仕様車紹介!
SUVライバル車対決!スバル フォレスター対マツダ CX-5…経済性と走行性能は?

この記事をシェアする