エクストレイル ハイブリッドの荷室【ガソリン車と異なる3つの特徴とは?】

日産 新型 エクストレイル 2017

日産から発売されているクロスオーバーSUVの新型エクストレイル(X-TRAIL)が
マイナーチェンジをして、2017年6月に新発売されましたね。

今回、新発売された最新モデルは、先代モデルと同様にガソリン車と
ハイブリッド車が用意されていますが、内装・インテリアのデザインに
大きな違いはありません。

ただ、ハイブリッド車とガソリン車では、荷室・ラゲッジスペースの
デザインや使い勝手に、若干の違いがありました。

そこで、今回はマイナーチェンジをして新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)の
ハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースは、どのようなデザインになっているのか?

実車画像を使って、この新型モデルのハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースの
使い勝手や特徴を分かりやすく紹介したいと思います。2017/6/15

Chapter
新型エクストレイル ハイブリッド車の荷室画像インプレ
特徴&注目ポイント1:荷室フロアの高さ
注目ポイント2:荷室フロアに使用されている素材
ハイブリッド車のフロアがカーペット素材になっている理由
注目ポイント3:床下収納

新型エクストレイル ハイブリッド車の荷室画像インプレ

今回マイナーチェンジをして新発売された日産の新型エクストレイル(X-TRAIL)の
ハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

ミドルサイズのSUVという事で、荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、広いですね。

後部座席を使用した状態でも、十分に満足できる荷室の容量&広さを確保している
ように感じました。

また、今回新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)の後部座席を収納した時の
荷室・ラゲッジスペースの広さは、このような感じ。

若干手前下がりになっているものの、ほぼフルフラットに…。

このクルマの荷室・ラゲッジスペースに横になると、この手前下がりの
傾きが気になるので、車中泊をする時には少し工夫が必要なのかなと思います。

ただ、荷物を積む分には、この荷室・ラゲッジスペースの傾きは、
特に気になりませんでした。

このようなデザインになっている新型エクストレイルのハイブリッド車の
荷室・ラゲッジスペースですが、ガソリン車と異なる次のような特徴&
注目ポイントがありました。

特徴&注目ポイント1:荷室フロアの高さ

この日産の新型エクストレイル(X-TRAIL)のハイブリッド車の
荷室・ラゲッジスペースの注目ポイントの一つは、荷室フロアの高さ。

このクルマのハイブリッド車は、バッテリーを荷室・ラゲッジスペースの
下に積んでいるため、床面が開口部(掃き出し口)よりも約40mmほど高くなっています。

■新型エクストレイル ハイブリッドの荷室開口部

なので、ガソリン車と比較して、荷物の積み下ろしはしにくい印象が…。
また、荷室フロアが高くなった分、ガソリン車に比べて、荷室容量も若干
少なくなっています。

重たい荷物の積み下ろしのしにくさ、ガソリン車よりも少ない荷室容量は、
この新型エクストレイル(X-TRAIL)のハイブリッド車のデメリット・欠点の
一つなのかなと思いました。

<次のページに続く>
次ページ
注目ポイント2:荷室フロアに使用されている素材