日産 3代目エクストレイル(T32/NT32/HT32/HNT32型)の10のグレードを徹底比較!おすすめはオーテックグレード!!

日産 3代目エクストレイル

初代エクストレイルが2000年に登場して以来、SUVを牽引してきたエクストレイルは3代目となっても高い人気を誇るモデルです。そして2020年10月に一部仕様変更を行い、新たに販売が開始されます。

そこで日産 3代目エクストレイル(T32/NT32/HT32/HNT32型)の2020年マイナーチェンジ後のモデルはどのようなグレード構成になっているのか、ひとつひとつ詳しく解説します。

Chapter
日産 3代目エクストレイル 20S Vセレクション【価格:248万2,700円】
日産 3代目エクストレイル 20S HYBRID【価格:297万5,500円】
日産 3代目エクストレイル 20Xi/20Xi Vセレクション【価格:316万1,400円~】
日産 3代目エクストレイル 20Xi レザーエディション/ Xi レザーエディション Vセレクション【価格:335万9,400円~】
日産 3代目エクストレイル 20Xi HYBRID【価格:341万4,400円~】
日産 3代目エクストレイル 20Xi HYBRID レザーエディション【価格:361万2,400円~】
日産 3代目エクストレイル 20Xi Vセレクション エクストリーマーX【価格:341万1,000円~】
日産 3代目エクストレイル 20Xi HYBRID エクストリーマーX【価格:381万2,600円】
日産 3代目エクストレイル AUTECH i Package【価格:358万4,900円~】
日産 3代目エクストレイル AUTECH HYBRID i Package【価格:391万4,900円~】
全シートが撥水仕様【 日産 エクストレイル T32 】SUV 中古車 を徹底解説!桜田莉奈が気に入った理由は、 安い のに充実した機能性?

日産 3代目エクストレイル 20S Vセレクション【価格:248万2,700円】

「20S Vセレクション」は、3代目エクストレイルの中で一番安く買えるモデルです。

駆動方式は4WD(4輪駆動)のみですが、必要最低限の装備で本格的なアウトドアやオフロード走行もこなせる点は魅力的ですね。また、便利な装備として、汚れや水分を気にすることなく荷物が載せられる防水フレキシブルラゲッジや防水ラゲッジボードが標準装備されています。

搭載されるエンジンは、最高出力108kw(147ps)6,000rpm最大トルク207Nm(21.1kgm)4,400rpmを発生するMR20DD型2.0L直噴DOHCガソリンエンジンを搭載します。

価格は248万2,700円と、3代目エクストレイルの中で一番安い価格設定です。

日産 3代目エクストレイル 20S HYBRID【価格:297万5,500円】

「20S HYBRID」は、3代目エクストレイルのハイブリッドモデルの中で一番安く購入できるモデルです。

装備品を他のハイブリッドモデルより簡素化していますが、必要最低限の快適装備は用意されています。

他のグレードと大きな違いは、エクステリア(外装)デザインに装着されるドアロアモールが他のグレードにダーククロームが装備されますが、このグレードのみクロームモールです。

運転支援もガソリンモデルの20SVセレクションと同じく、プロパイロットなどがオプションでも選べません。しかし、20SVセレクションとの違いは、運転席と助手席にパワーシートが用意されます。

搭載されるパワーユニットは、ガソリンモデルと同じエンジンに加え、リチウムイオン電池からの電力供給により、最高出力30kw(41ps)、最大トルク160Nm(16.3kgm)を発生するRM31型交流同期電動機が搭載されます。

価格は297万5,500円と「20S Vセレクション」に比べて49万2,800円高い価格設定です。

<次のページに続く>
次ページ
日産 3代目エクストレイル 20Xi/20Xi Vセレクション【価格:316万1,400円~】

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道
商品詳細