寒い冬は「水なし洗車」をしよう!!やり方、教えます。

冬にクルマが汚れるのは…

シュアラスター 水なし洗車

夏目さんの地元、横浜をはじめ関東南部は夏から秋にかけては降水量が月150mmから200mmほどですが、冬は月50~60mm程度ですから雨の中を走る機会も少なくなります。

では、クルマも汚れないのかといえばそんなことはありません。たまに降る雨や雪には大気中の汚れやホコリが含まれていますから、「ちょっと降った程度かな…」と思っていても、想像以上にクルマが汚れている、ということが多いのです。

夏目「この前、しっかり洗車したのは1ヶ月くらい前だったかな。その後小雨や雪が少し降ったくらいなのに、思ったよりも汚れてるかも。カフェにコーヒー買いに行きたいけど、寒いし、あまり時間もないしなぁ…。」

シュアラスター 水なし洗車

そんなときはシュアラスターの「ゼロウォーターシート」、「クイックワックス」、「マイクロファイバークロス」を使った、簡単・お手軽な水なし洗車がオススメです!

水なし洗車、やり方や注意は?

シュアラスター 水なし洗車

しっかりと洗車したあとに、小雨や雪にあたってしまったという経験は誰にでもあるはず。ひどい泥汚れ・油汚れではなく、ちょっとした汚れであればシートタイプの「ゼロウォーターシート」で軽く拭き上げるだけで洗車は完了です。

シュアラスター 水なし洗車

夏目「ちょっととはいえホコリや雨汚れがつくと気になるけど、洗車やワックス掛けする時間がないときあるし…。でもこれくらいの汚れならゼロウォーターシートでしっかりキレイになるのね! プリウスならシート2、3枚でクルマまるごと拭き上げられるから、お財布にも優しいかも」

シュアラスター 水なし洗車

このゼロウォーターシートは汚れをふき取れるだけでなく、水がかかると膜のように水が引く親水タイプのコーティングで、使用を重ねることでコーティング効果やツヤもしっかりキープします。また、ワックスに近い撥水タイプの「ゼロドロップシート」もラインナップされています。

シュアラスター 水なし洗車
シュアラスター 水なし洗車
シュアラスター 水なし洗車

夏目「軽い汚れなら力を入れなくてもしっかり落ちて、コーティングまで出来ちゃうなんて。親水タイプ撥水タイプが好みで選べるのも便利ね。だけどボディがきれいになったら、シートやダッシュボードのホコリも気になっちゃう…。そんなときはマイクロファイバークロスでひと拭きすれば、インテリアもすっきり!」

シュアラスター 水なし洗車

ソフトな感触で、洗車時の拭き取りや仕上げに便利な「マイクロファイバークロス」は高い吸水性も有しています。指紋やホコリが気になるエアコンやナビ周辺などは、水で濡らしてから固く絞って軽くなでるように拭くだけで、汚れや小さなゴミをしっかりキャッチ。

また、乾いた状態でもちょっとしたホコリを払ったり内窓の掃除などに使えるので、車内に1枚常備しておくと便利です。

シュアラスター 水なし洗車
シュアラスター 水なし洗車

冬だっでピカピカ仕上げが可能です!

シュアラスター 水なし洗車

ゼロウォーターシートゼロドロップシートで汚れ落とし・コーティングは完了! 寒いけどお天気もいいし、せっかくならもう少し手を掛けたい、という方はスプレータイプのワックス「クイック」がオススメです。

夏目「スプレーなのに天然カルナバ蝋を使っているので、手軽なのにしっとりとしたツヤが得られるのね。使うときは…ボトルをしっかり振って、ボディに直接スプレーするだけ、と。えっと、50センチ四方でワンプッシュが目安だけど伸びもいいから力も要らないし、これは簡単だ!」

シュアラスター 水なし洗車

クイック」は、スプレーした部分が乾かないうちにマイクロファイバークロスなどで伸ばしきれいなクロスで拭き上げを行います。なお、砂ボコリなどキズの原因になる汚れがボディに付着している場合は水洗いした後に使いましょう。

シュアラスター 水なし洗車

夏目「なんと、しっかりキレイにしても30分くらい。普段からしっかり洗車しておけばちょっとくらいの汚れなら簡単に落とせるし、すぐにピカピカに復活できるのね。やっぱりキレイなクルマでお出掛けするのは気分がいいし、コーヒーも美味しく感じるかも」

シュアラスター 水なし洗車

カフェやショッピングなど、たとえご近所へのドライブだって愛車はキレイなほうが気分よくお出掛けできるはず。"水なし洗車"ならお手軽、そして短時間でケアできますから、皆さんもお出掛け前にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives