【ハリアー スタイルアッシュのインパネ】グレーの内装色はどうだった?

トヨタ アルファード エグゼクティブラウンジ 2016

ハリアー スタイルアッシュのインパネを徹底解説

今回新しく追加されたハリアー特別仕様車”スタイルアッシュ”の内装・インパネは、このようなデザインになっています。

トヨタ ハリアー スタイルアッシュ 2016

また、インパネに採用されているそれぞれの装備・パーツは、このようになっています。


■インパネ中央部分

トヨタ ハリアー スタイルアッシュ 2016

■インパネ助手席側

トヨタ ハリアー スタイルアッシュ 2016

■エアコンコントローラー


トヨタ ハリアー スタイルアッシュ 2016

■送風口

トヨタ ハリアー スタイルアッシュ 2016

■ハンドル


トヨタ ハリアー スタイルアッシュ 2016

■シフトレバー

トヨタ ハリアー スタイルアッシュ 2016

■カーナビ

トヨタ ハリアー スタイルアッシュ 2016

ハリアーのスタイルアッシュの内装の注目はカラー

このようなデザインになっているハリアー特別仕様車”スタイルアッシュ”のインパネですが、注目なのはやはりカラー。

ダークグレーをインパネに採用しているクルマはありますが、ハリアーの”スタイルアッシュ”の内装・インパネは、明るいライトグレーを採用。(日本語で言うとねずみ色…)

トヨタ ハリアー スタイルアッシュ 2016

このようなライトグレーカラーのインパネは最初どうなのかな!?と、
思っていたのですが、実際に見てみると思ったよりも良い感じ。通常モデルの内装・インパネと異なり、清潔感のある爽やかな感じが好印象でした。

また、通常のモデルと同様に特別仕様車”スタイルアッシュ”のインパネのライトグレー部分には肌触りの良いソフトパッドが使用されており、上質感・高級感も備えておりました。



トヨタ ハリアー スタイルアッシュ 2016

このハリアー特別仕様車”スタイルアッシュ”の内装・インパネは、マツダの人気SUV”CX3″のようにインパネにホワイトを使用して、ヨーロッパ車のような雰囲気のあるクルマとは若干見た目の印象は異なります。

■マツダCX-3の内装・インパネ

トヨタ ハリアー スタイルアッシュ 2016
トヨタ ハリアー スタイルアッシュ 2016

ただ、ファッション雑誌にも取り上げられそうなオシャレな色使いをしているこの特別仕様車”スタイルアッシュ(STYLE ASH)”の内装・インパネもとても良いと思いました。

注目の装備1:ハンドルも専用デザイン

また、ハリアー特別仕様車”スタイルアッシュ”は、ハンドルのデザインも異なり、このようなデザインを採用。

トヨタ ハリアー スタイルアッシュ 2016

ちなみに、こちらは標準モデルの”プレミアム アドバンスド パッケージ”のハンドル。

トヨタ ハリアー スタイルアッシュ 2016

標準モデルの上位モデルではこの通りハンドルの上部が木目調パネルだったのに対し、今回新発売された特別仕様車”スタイルアッシュ”ではピアノブラックを採用。


トヨタ ハリアー スタイルアッシュ 2016

ライトグレーの内装・インパネのデザインにもピッタリで、オシャレさがありますよね。

通常モデルも特別仕様車”スタイルアッシュ(STYLE ASH)”もともに高級感のあるデザインになっていると思いましたが、個人的にはスタイリッシュさがある特別仕様車のハンドルの方が良いと思いました。


ステッチカラーも異なる

また、ハリアー特別仕様車”スタイルアッシュ”と通常モデルともに本革巻きのハンドルを採用しているのですが、ステッチのカラーも異なりました。

ハリアー(Harrier)の標準モデルでは、このようにブラックのステッチを採用。


トヨタ ハリアー スタイルアッシュ 2016

一方、特別仕様車”スタイルアッシュ(STYLE ASH)”のハンドルでは、このようにホワイトステッチを採用。

トヨタ ハリアー スタイルアッシュ 2016

このホワイトのステッチがライトグレーのインパネのワンポイントアクセントになっていて、とても良いと思いました。

注目の装備2:シフトレバー

また、ハリアー特別仕様車”スタイルアッシュ”の注目装備の一つと言えば、シフトレバー。

トヨタ ハリアー スタイルアッシュ 2016

実はシフトレバー自体のデザインは、標準モデルと一緒。しかし、このパネル部分は特別仕様車”スタイルアッシュ”専用のデザインに…。

トヨタ ハリアー スタイルアッシュ 2016

今回ハリアー特別仕様車”スタイルアッシュ”のシフトレバー部分に採用されているパネルは、”ヘアライン調加飾”と呼ばれているデザインを採用。

ツヤツヤとした光沢感のあるピアノブラック調のパネルにブルーのラインがランダムに入っており、とてもオシャレなデザインに…。

トヨタ ハリアー スタイルアッシュ 2016

標準モデルに採用されている木目調パネルと同様にオシャレなデザインになっていてとても良いデザインだと思いました。

ちなみに、このブルーのラインがキレイなヘアライン調のデザインは、ハリアー特別仕様車”スタイルアッシュ”のドア内側パネルのスイッチ部分にも採用されていますよ。

トヨタ ハリアー スタイルアッシュ 2016
トヨタ ハリアー スタイルアッシュ 2016

このドア内側パネルのデザインもとても良いと思いました。

ハリアー スタイルアッシュはセンターコンソールもオシャレ

また、ハリアー特別仕様車”スタイルアッシュ”のセンターコンソールもオシャレなデザインになっております。

この特別仕様車”スタイルアッシュ(STYLE ASH)”のセンターコンソールは、このようなデザインを採用。

トヨタ ハリアー スタイルアッシュ 2016

また、センターコンソールの前方には、ピアノブラック調のパネルを採用した開閉式のドリンクホルダーや収納ボックスを搭載。

トヨタ ハリアー スタイルアッシュ 2016
トヨタ ハリアー スタイルアッシュ 2016

このデザインや使い勝手は、標準モデルと違いがありませんでした。そして、このドリンクホルダーの奥側には収納ボックス付きのアームレストを装備。

トヨタ ハリアー スタイルアッシュ 2016

このアームレストに採用されている素材もハリアーのスタイルアッシュのインパネに採用されているカラーとまったく同じライトグレーを採用。

素材は合成レザーのような肌触りだったので格段に良いという訳ではありませんでしたが、このインパネや内装にマッチしたデザインはとても良いと思いました。

また、このオシャレなアームレストを開けると、このような収納ボックスが登場。


トヨタ ハリアー スタイルアッシュ 2016

深さを確認するために、ハリアー特別仕様車”スタイルアッシュ”のこの収納ボックスに500mlのペットボトルを置いてみると、このような感じ。

トヨタ ハリアー スタイルアッシュ 2016

深さも十分ですよね。デザイン性も使い勝手も良いハリアー特別仕様車”スタイルアッシュ”のセンターコンソールは、とても良いと思いました。

センターコンソールのデザイン性にも注目

また、ハリアー特別仕様車”スタイルアッシュ”のセンターコンソールを実際に見て私が良いと思ったのは、デザイン性。

このハリアー特別仕様車”スタイルアッシュ”を横から見ると、このようなデザインになっており、サイドの部分もインパネと同様のライトグレーのソフトパットを大胆に使用。


トヨタ ハリアー スタイルアッシュ 2016

このセンターコンソールのサイドの部分のライトグレーのパネルは、とても印象的。フロントドアを開けると、目を引き付ける魅力がありました。

このインパクトのあるハリアー特別仕様車”スタイルアッシュ”のセンターコンソールのデザインは、とても良いと思いました。


トヨタ ハリアー スタイルアッシュ 2016

今回、ハリアー特別仕様車”スタイルアッシュ”の内装・インパネは、このようなデザインになっていました。

このスタイルアッシュの内装・インパネはライトグレーのソフトパットを多用しており、かなりオシャレなデザインに…。

今までのハリアー(Harrier)のシックな雰囲気とは異なりましたが、標準モデルに優るとも劣らないくらいオシャレなデザインになっていました。

この特別仕様車”スタイルアッシュ”の売れ行きは標準モデルに及ばないようですが、このオシャレな内装・インテリアを気に入り指名買いをするお客さんもいるようです。

ハリアー(Harrier)の標準モデルと特別仕様車では価格が10万円程異なります。ただ、標準モデルとスタイルアッシュでは、内装の雰囲気が全く異なるので車内のデザインの好みで購入するモデルを選んでも良いかもしれませんね。

画像 試乗レビュー速報
【標準車との価格差は?】ハリアー スタイルアッシュの見積もり公開
新型ハリアーの外装の実車画像レビュー【マイナーチェンジをした2017年モデル】

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives