街でよく見るハリアー。買うなら新車と中古車、どちらがおすすめ?

ハリアー 中古車

日本を代表する高級クロスオーバーSUVであるハリアー。3代目からは国内専用車種となって日本での使いやすさにもますます磨きがかかっています。また、高級でありながらもガソリン車ならば270万円台からという価格設定もかなり良心的です。

Chapter
ハリアーのグレード構成
ガソリンかHVか?買うならどちら?
ハリアーのバリューフォーマネーは?
中古車で買うならどのモデル?
初代ハリアーってどんな車?
2代目ハリアーってどんな車?
ハリアーの日本離れしたデザイン性の人気とは?

ハリアーのグレード構成

ハリアーにはガソリンモデル(2L)とハイブリッドモデル(2.5L)があります。グレードは、「グランド」「エレガンス」「プレミアム」の3つが基本でこれらにアドバンスパッケージや、Style MAUVEなどの特別仕様があります。ガソリン車は2WD、4WDが設定されていますが、HV車は4WDのみとなっています。

基本グレードの価格は以下の通りです。カッコ内は同じグレードのHV車の価格
「グランド」4WD   2,992,114円   (3,713,143円)
「エレガンス」4WD  3,074,400円 (3,774,857円)
「プレミアム」4WD  3,331,543円 (4,032,000円)

 価格の違いは主に装備の違いで、プレミアムには18インチホイールや、各種の安全装備、パワーバックドアが標準装備されています。

ガソリンかHVか?買うならどちら?

ハリアーなどの大きいSUVでは燃費が気になるところ。そこで、HV車を選ぶ人が多いかと思いますが、実は売れ筋のベスト3は以下になっています。

1位 エレガンス
2位   プレミアム
3位   ハイブリッドPREMIUM Advanced Package

1位2位はガソリン車という状況です。前述しているように、ガソリン車とHVを比べるとまずその価格差に驚きます。同じグレードでHVはガソリン車より約70万円も高いのです。JC08モードで21.4km/lという燃費は確かに魅力的ですが、同じく15.2km/lのガソリンモデルと比べて70万円の価格差を燃費だけで取り戻すにはかなりの距離を走る必要があります。

ハリアーに関していえば、HVを選ぶ人は燃費よりも静粛性やステイタスで選んでいるのが実情と言えるでしょう。

ハリアーのバリューフォーマネーは?

2013年にリリースとなった現行ハリアー。高級SUVらしいエクステリアデザインは評価が高く、それと同じくらいにインテリアのデザインや質感も人気です。また、走りの良さや新開発の2.0Lエンジンによる燃費性能など、270万円台から買えるSUVとしては多くのユーザーが「価格を超えた価値がある」と感じているようです。

また、ハリアーはリセールバリューが非常に高い車としても知られています。普通は値段のつかない車歴10年以上のモデルであっても意外に高額で売却できることも少なくないようです。トータルで考えると大変価値の高い車といえるでしょう。

中古車で買うならどのモデル?

大手中古車情報サイトによると、ハリアーの中古価格は255万円~600万円で、平均価格 344.3万円となっています。

在庫台数は、販売期間が10年近い2代目がさすがに多いようです。3代目はまだ少ないのですが、中古車でありながらも価格は新車並みかそれ以上。それでも一刻も早くハリアーがほしい!という人にはありがたい存在でしょう。

ちなみに、3代目ハリアーの納期ですが、発売当初は半年以上かかったケースも少なくなかったようです。発売から2年を経てさすがに最近では落ち着いてきたようですが、需要があるため2か月程度かかる地域もあるとか。

初代ハリアーってどんな車?

初代ハリアーは1997年に販売されました。

車体サイズは全長4,575mm、全幅1,815mm、全高1,665mm。エンジンは1MZ-FE型V型6気筒エンジンの3,000ccと5S-FE型直列4気筒エンジンの2,200ccがあり、トランスミッションは4速ATのみとなります。駆動方式は4WDとFFの2種類が選べます。

燃費性能は10•15モードで8.8km/L。実燃費の平均は6.24km/L~7.28km/Lとあまり良くはありませんが、車体が大きいためでしょう。

初代ハリアーの魅力として最も大きいのは、エクステリアです。エクステリアは一目でハリアーだとわかる様な独特のデザインで、ボディの流れるようなシルエットが特徴的で、SUVでありながらスーツが似合うような高級感のあるデザインになっています。

2代目ハリアーってどんな車?

2003年にはフルモデルチェンジを果たし、2代目ハリアーが販売されます。

車体サイズは初代ハリアーよりも少し大きめとなり、全長4,735mm、全幅1,845mm、全高1,670〜1,680mm。エンジンはV型6気筒3,000ccと直列4気筒2,400cc、トランスミッションは5速ATと4速ATの2種類になります。また、2006年には1MZ-FE型エンジンを廃止し、2GR-FE型エンジン3,500ccを採用します。

2005年からはハイブリットシステムを搭載したハリアーハイブリットもラインナップに追加されました。燃費性能に関しては、10•15モードで9.0km/L。実燃費の平均は7.3km/L~8.6km/L。初代からほとんど燃費性能を改善しないまま、2代目が登場したようです。

エクステリアは初代ハリアーをよりスタイリッシュにしたデザインになっており、ハリアーの特徴の高級感のあるフロントグリルを採用し、2代目も初代同様に流れるよう曲線的なボディーシルエットが特徴的です。また、当時では最先端なクリアタイプのテールランプを採用しており、デザイン性に優れています。

ハリアーの日本離れしたデザイン性の人気とは?

現行の3代目ハリアーは、エクステリア、インテリア、走行性能において総じて高い評価を得ています。

エクステリアはフロントメッキからサイドメッキへと流れるようなデザインと、ヘッドライトとテールライトのデザインが上質でユーザーの満足度はかなり高いようです。

インテリアに関しても、間接照明やエアコンのタッチパネルのデザイン性が今までの日本車にはなかった思い切ったデザインとなっており、まるで欧州車のようなインテリアが人気のようで、口コミでは特にパネル類やメーター、シートの質感などが高評価を得ております。

また、外装を見てからラゲージルームをみて、あまりに広くて驚いたという声もあります。

走行性については静粛性が特に高く評価を受けており、多少のロードノイズはあるが、ほとんど気にならないという評価も得ています。

商品詳細