新しいキャンプの教科書:第3回「テント選びは家選び」

形状の違い

ランタン テント選び

■ドームテント

ランタン テント選び

現在最もポピュラーなテント形状です。2本~数本のポールで本体を立ち上げる構造で、ポールの配し方の違いで居住性が決まります。最近は壁を高く立ち上げられるタイプも多く、居住性も高いです。大きさは小型から大型まで様々。

■ワンポールテント

ランタン テント選び

真ん中に1本のポールを立てて設営する三角形のテント。その愛らしい形状から人気があります。本体を地面に固定しないと自立しないので設営場所を選びますが、ポールが少ないので比較的軽量でコンパクトに収納できます。壁の立ち上がりが鋭角なので天井が低く、居住性にはやや劣る場合もあります。

本体の違い

■ダブルウォール

本体と防水性のあるフライシートの二重構造となるタイプ。雨、湿気の多い日本では、このタイプが主流で、内側の本体がメッシュのタイプもあります。フライシートの内側が結露しても、寝袋等が直接濡れる心配がないです。

■シングルウォール

フライシートが付属せず、本体だけで防水性をもたせたタイプ。軽量で設営・撤収が簡単で、非自立式のワンポールテントなどに多いです。内側が結露するので寝袋等が触れないように注意しましょう。

設営法の違い

■自立式

本体とポールを合わせれば立ち上がるタイプ。ドームテントの多くは、このタイプです。設営場所に影響されることが少ないので、一般的にはこのタイプが多く使われています。

■非自立式

一部のドームテントやワンポールテントに採用されています。本体を地面に固定しないと立ち上がらないタイプなので、ペグが打てない岩の地面などには設営しにくいです。

他にもあるテントの種類

■軽量コンパクトな山岳用

ランタン テント選び

すべての荷物を背負って歩く登山だけに、山岳用テントには驚くべき軽さのものもあります。小型のものが多いのが特長です。

■居住性重視の2ルーム

ランタン テント選び

いかにもオートキャンプらしい、2部屋続きの大型テント。設営・撤収は少々手間がかかりますが、居住性の高さはピカイチです。

編集部まとめ

テントはキャンプで準備する重要なアイテムのひとつ。最近では寝室とリビングスペースが一体型になった2ルームテントが人気ですが、基本的なテントの目的は寝るための空間になるため、テント選びは慎重にしたいですよね。形状やデザインがカッコイイとか、お洒落という視点で選ぶのも楽しいですが、キャンプは屋外のため天候や気温の変化にも対応できる実用的な視点も必要です。

せっかくのアウトドアライフを楽しく快適に過ごすためにも、キャンプ用品店などで実物のテントを見たり触れたりと、ショップ店員さんやキャンプ経験者に相談しながらテント選びを楽しんでみてはいかがでしょうか?

新しいキャンプの教科書

新しいキャンプの教科書【池田書店】

アウトドアの基礎知識と、自然の中で快適に過ごすアイディア
・日常から解放されるためのキャンプのススメ。
・基本知識を丁寧に解説! 初心者向けのキャンプ入門にぴったり!
・テントやランタンなどの道具を使いこなすノウハウから、キャンプを盛り上げるたき火や料理のテクニックまで。アウトドア好きの遊び心をくすぐる情報が満載。
・キャンプの知識を災害時や困ったときに応用するアイディアも提案。(火を起こして暖を取る、お米を炊く、テントを張り寒さをしのぐなど、アウトドアでは当たり前の事が被災時に多いに役立ちます。)
・失敗しない米の炊き方、自然の中で遊ぶ方法、豪快な料理!お父さんが家族にいいところを見せられるノウハウが満載!!

■監修者:STEP CAMP
■発行者:池田 豊
■発行所:株式会社 池田書店
■定価:1,296円(税込)
■判型:A5横


(提供元:LANTERN

ランタン ロゴ

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives