【名人直伝】焚き火を失敗しない6つのコツ! 薪の種類と組み方、おすすめ焚き火ギアも

1.[焚き火の材料一覧]名人は2種類の薪をそろえる!

ランタン 焚き火

焚き火にかかせない燃料は薪。キャンプ場で拾う、という手もありますが、1~2泊のキャンプでは、ホームセンターやキャンプ場で市販されている薪を、購入する人が多いでしょう。

今回の名人のレッスンも、薪を始め焚き火の材料・道具はあらかじめ用意してくれました。

用意してくれた材料がこちら。

ランタン 焚き火

固形の着火剤
紙の梱包材(新聞紙でもOK)
薪A(マツやスギ、ヒノキなど)
薪B(ナラやブナなど)

ポイントは薪A/薪Bとした2種類の薪。Aはスギやマツなど針葉樹の薪、Bはブナなど広葉樹の太い薪です。

ランタン 焚き火

スギやマツの薪は、油分を含んでおり、燃えやすいのが特徴。炎が高く上がりますが、代わりに早く燃え尽きてしまいます。

関東のキャンプ場で多く売っているのは、こちらの薪Aだとtiezou名人は言います。最初に火の勢いを増すために使うので、名人があらかじめ細く割ってくれました。

ランタン 焚き火

ブナなどの薪Bは、燃えにくい代わりに、一端火がつくと長く燃え続けます。熾火(おきび)になる骨太な薪です(詳細後述)。

2.[焚き火の準備]火を付ける前に薪を組み上げる

焚き火台に、燃料を載せていきます。

ランタン 焚き火

まずは着火剤。固形とジェルタイプがありますが、tiezou名人がこの日使ったのは固形タイプです。

着火剤には油やアルコールが練り込まれており、一瞬で燃え上がりますが、使いすぎると臭いが気になってきます。名人は、ひとかけらの着火剤を、まず焚き火台に置きました。

まだ火はつけません。着火剤の上に、燃えやすい紙の梱包材と割り箸大に割った薪を。

ランタン 焚き火

梱包材を使うのは、ふんわりと中に空気をたくさん含んでいるから。用意できない場合は、新聞紙や雑誌の紙くずで代用できます。くしゃくしゃに丸めて、中に空気が入るようにしてください。

紙の上に置く細い薪は、割り箸を使っても構いません。

まだまだ火は点けず、さらに大きめの薪を組み上げていきます。

ランタン 焚き火

ポイントは、横から見たとき三角形になるよう組むこと。

ランタン 焚き火

中から空気が入って、上昇気流ができるようにイメージして組んでいきます。

最初さえうまく燃やせてしまえば、焚き火はうまくいきます。そのためには、薪を組み上げる形が大事。

火を点けてから薪を乗せたのでは、慣れていないとうまく組めません。火のないところで落ち着いて組める状態のほうが、上手に形を整えられるでしょう。

ちなみに、井ゲタに組んでいってもOKと名人。

ランタン 焚き火

安定して、きれいに積めそうです。ただし、まっすぐに積み上げるよりも、ピラミッド型になるよう、ずらして積むのがポイント。

ランタン 焚き火

真上に薪を積んでいくと、炎が当たりにくい場所ができてしまうのです。

3.[火を点ける]前後左右からくまなく。焚き火は待って育てる!

最初に燃やす細い薪が組み上がったところで、着火します。

ランタン 焚き火

前後左右、まんべんなく火が回るように、さまざまな方向から点火していきます。

ちなみに、名人が使っているのは、ユニフレームのターボライター。残念ながら廃盤品ですが、ふつうのライターやチャッカマンでも十分です。

ランタン 焚き火

早速炎が上がっています。

ランタン 焚き火

ひととおり火が点いたら、大事なのはじっと待つこと。

焚き火に慣れていない人は、たいていここで失敗すると、tiezou名人は言います。

火が当たっていないところに早く火を回そうと、薪をいじってしまうと火勢が弱まり逆効果です。

「焚き火は子どものようなもの。待って、育てるんです」と名人。

ランタン 焚き火

ご覧ください! この優しい眼差しを!!

次ページ次ページは熾火(おきび)のつくり方・・・

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives