ゴルフで手打ちにならないためのフットワーク

「手打ちスイング」って、そんなに悪いこと?

ゴルフ フットワーク

「手打ち」を定義付けしてみますと、「身体の回転や、フットワークが上手く使われていない、腕や手先の動きが主体のスイング」となるでしょうか。

私は、「手打ちスイング」で悩んでいる生徒さんに、手打ちは「手の役割、仕事」と考えたらいかがですか?と、お話しています。「手打ち」という言葉の意味が、まるでスイング中の悪者のようにとらえられているようです。

フットワークの重要性

ゴルフスイングは、
1. 腕や手先の動き
2. 身体の回転
3. フットワーク
の3つに分解できるでしょう。

私は、正しいフットワークは2の「身体の回転」を含んでしまう、と考えています。ここでお話している「身体の回転」とは、主にフォロースル―からフィニッシュまでの回転のことを意味します。

身体(上半身だけ)を回転させても、意外と脚は止まっています。正しくフットワーク(下半身)が行われると、下半身の上に乗っかっている上半身はつられて動いてきます。

つまり、ボディターンと呼ばれる身体の回転は、フットワークと一体だと私は考えます。

よって、ゴルフスイングとは、
1. 腕の動き(仕事)
2. フットワーク
の2つに大別してもいいでしょう。

スイングをシンプルに考えることができます。さて、レッスン本やゴルフ雑誌などに、「下半身はどっしりと」「脚はバタバタさせない」と書いてあるのを見たことがあるでしょう。

これだけ見ると、「脚は使ってはいけない(使わない方がいい)」と、思ってしまいませんか?私がレッスンしている生徒さんの大半は、そう思っているようでした。

フットワークの真意を知ろう

フットワークとは、「スイング軸を崩さない範囲で、決めた枠(画像参照)の幅内で、”しっかり”動かしていく」ものです。

ゴルフ フットワーク
ゴルフ フットワーク

スムーズなフットワークのメリットは、
1.腕の振りを速く、ズムーズにしてくれる
2.体重移動がしっかりできて、飛距離アップ
3.スイング軌道がきれいになる
などです。

ゴルフ フットワーク

スムーズなフットワークとは

1.  スイング中、右ひざはできるだけ左ひざよりも前に出さない
2.  フィニッシュでは、両膝両モモがくっつく
3.  右つま先が立つ
4.  左つま先はできるだけめくれない

ゴルフ フットワーク
ゴルフ フットワーク

この4点ができていれば、フットワークは完璧です。

フットワークのコツと練習法

画像のように、膝をちょっと内股感覚、X脚にしてみてください。

ゴルフ フットワーク

この状態から、バックスイング~ダウン~フォローと回転してみてください。腕は、胸の前で組んでおきます。

ポイントは、スイング中、両足の親指は終始地面から離れません。小指側は離れるはずです。

スイング中、脚はかなり意識しないと、なかなかスムーズに動かせません。ボールを打たないで、鏡の前でフットワークの練習だけをやってください。

練習場で球を打つときには、無意識でフットワークができるようになれば、かなりスイングが良くなっているはずです。

これで、あなたは”手打ちスイング”から卒業できるでしょう。

ドライバーがスライスする原因|3種類のスライスを知ろう!
ラウンド後の練習が効果的な理由と具体的な方法~パッティング編~

-------------------------
文・礎 康之(日本プロゴルフ協会A級ティーチングプロ)
【倶楽部ゴルフジョイ 代表プロ】25歳からと、“大人になってから”のゴルフ経験は、「アマチュアゴルファーの気持ちがわかるプロ」との好評を得ている。

(提供元:golfee

ゴルフィ ロゴ

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives