カジュアルウォーターからの救済と処置|プレーヤーへのお助けルール

ゴルフ カジュアルウォーター

したがってコースのハザード(障害物)として作られたものではありませんので、プレーヤーの不利になると思われる場合、救済が受けられます。

しかし、いつもコースに存在するものではありませんので、カジュアルウォーターの定義や処置があいまいな方もいらっしゃると思います。

そこで今回はこの『カジュアルウォーター』について解説していきたいと思います。

これであなたも”カジュアルウォーター通”と呼ばれるかも!?

カジュアルウォーターの定義

まずはどんな状態が「カジュアルウォーター」なのかを把握しておきましょう。

カジュアルウォーターとはウォーターハザード以外のコース内で、プレーヤーがスタンスを取る前、もしくは取ったあとに水たまりが見える状態になっていることを指します。

つまり、水がたまっている状態なのはもちろんですが、一見、水たまりには見えなくても、スタンスを取った際にゴルフシューズの周りに水が浮いてくる状態もカジュアルウォーターなのです。

しかし露と霜はカジュアルウォーターには該当せず、また、雪と自然の氷はカジュアルウォーターかルースインペディメントかをプレーヤーが選ぶことができることになっています。

イメージとしては雨や雪が降って、水はけの悪い部分に水が溜まってしまったり、川や池の水が溢れてコース内に流れ出てしまったりした場合などに適用されると考えていただければ間違いないでしょう。

たとえば地面がぬかるんで柔らかくなっているだけではカジュアルウォーターとは言えませんし、また必要以上にギューっと足を踏みつけて水を浮かせるのも認められません。

ただし、ボールが柔らかい地面にめり込んでしまい、そのピッチマークの中に水が溜まっているような状態の場合は、カジュアルウォーターとみなされますので、覚えておいてください。

カジュアルウォーターの場合の救済方法

ゴルフ カジュアルウォーターの救済法

では間違いなくカジュアルウォーターであると確認ができたら、次は処置の仕方です。

スルーザグリーンでは球を拾い上げて、救済のニアレストポイント(カジュアルウォーターの状態から脱することができる地点で、ボールに最も近い場所)から1クラブレングス以内にドロップします。(ドロップ地点は、最初のボールの地点よりホールに近づいてはいけません。)

この時、ボールを拭いても構いませんので、安心して泥などを拭ってください。

少し注意が必要なのはバンカー内の場合です。

バンカー内の場合は、バンカー内にドロップしなければならないこと以外はスルーザグリーンの場合と同じなのですが、それ以外にも1打罰を課せば、バンカー外の球とホールを結んだ後方線上にドロップすることも認められています。

状況によってはこちらを選択したほうが良い場合もありますので、よく考えて救済を受けてください。

また、グリーン上の場合は、ボールやスタンスだけでなくプレーの線上(パッティングライン)にかかる場合にもカジュアルウォーターが認められます。

あとは同じようにカジュアルウォーターを完全に避けたニアレストポイントを決定するのですが、グリーンの場合はドロップではなくプレースになりますのでこれもご注意ください。

おわりに

これ以外にも特殊なケースでの処置もいくつかあるのですが、だいたい上記のような内容を理解していればコースで困ることはないでしょう。

突然出現するカジュアルウォーターにも動揺せず、颯爽とプレーを続けてくださいね。

100切りのための練習するならアプローチから!グリーン周りの安定がスコアアップへの道!
ラウンド後の練習が効果的な理由と具体的な方法~パッティング編~

-------------------------
文・rinokam【ゴルフィ公式ライター】
某トーナメントコースでのキャディ歴10年で1万人以上のゴルファーを観察。ゴルフの面白さを、キャディとゴルファーの両目線でお伝えします。

(提供元:golfee

ゴルフィ ロゴ

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives