ゴルフ

ヘッドカバーにも歴史あり。ヘッドカバーに見るゴルフの流れ

ヘッドカバーの歴史は日本人から?

ゴルフ アイアン

ヘッドカバーの歴史を調べてみると、大正時代にイギリス・ロンドンに駐在していた日本人が、ゴルフをプレーするする機会に恵まれ、美しいクラブを傷つけたくないあまりに、靴下を履かせたのが始まりと言われています。

その後、知人に毛糸で編まれたヘッドカバーを作ってもらって、使用したところ、評判を呼び、広まっていったという事です。日本人の、道具に対する細やかな気配りから生まれたものが、ヘッドカバーだったのです。

ヘッドカバーはキャディさんの手作り

30年ほど前までは、ヘッドカバーの主流は毛糸編みのヘッドカバーでした。

もちろん市販もありましたが、キャディさんが仕事の合間に編んで、それを売ったり、またはメンバーさんにプレゼントしたりすることも多かったようです。

キャディさんにネーム入りのヘッドカバーを編んでもらう事が、ゴルフ場のメンバーさんのステイタスの時代でした。その頃、全国各地のゴルフ場のキャディ控え室には、毛糸と編み棒が必ずあったのです。

また、トーナメントに出場するプロゴルファーも毛糸編みのヘッドカバーを愛用していました。

私が勤務していたゴルフ場は、トーナメントで、自分がキャディをするプロに、ネーム入りのヘッドカバーを編んでプレゼントする伝統がありました。プロ達も非常に楽しみにしていて、キャディさんの手作りヘッドカバーは大人気だったそうです。

しかし時代が流れ、だんだんとその機会は減っていってしまいました。理由は、プロがメーカーと用具契約を結んだ際、宣伝のためにヘッドカバーもメーカーが作成したものを使用する義務が生じてきたからです。

またそれに伴い、アマチュアもプロと同じように、ゴルフクラブの付属品として作成したヘッドカバーを使うようになったのです。日本人の発想で始まった毛糸編みのヘッドカバーは、残念ながら少しずつ使われなくなっていったのです。

プロに影響されるヘッドカバーの人気

手作りヘッドカバーは数が少なくなってしまいましたが、ヘッドカバーそのものは商品価値を見出だされ、市販のものは、その数を増やしていきました。近年は、ヘッドカバー市場も盛んで、様々な種類のヘッドカバーを見つけることができます。

プロが使用するものに人気が集まることもあります。当然なのですが、特に人気選手の使用するヘッドカバーは影響力が大きいですね。

やはり有名なのは、タイガーウッズが愛用するタイガーのヘッドカバーや、石川遼選手が使用していた遼くんヘッドカバーでしょうか。最近はヘッドカバーに趣向を凝らしたプロも多いので、見ていると楽しくなりますね。

終わりに

ヘッドカバーの歴史を簡単にご紹介してみましたがいかがでしょうか。コースで、本当に色々なヘッドカバーを目にします。その種類の多さには驚くばかりです。

しかし、実はキャディ目線で考えると、キャラクターやアニマル仕様のヘッドカバーは付け外しが面倒くさいものが多いので、あまり好まれないのです。

ですので、ゴルフバッグが動物園になってしまうほど、キャラクターやアニマルタイプのヘッドカバーで溢れかえるのは、キャディ付きでは避けた方がよさそうです。

なんといっても脱着がしやすいのは昔ながらの毛糸編みのヘッドカバーです。

毛糸編みのヘッドカバーも近年は進化し、とてもかわいいものがありますので、おすすめですよ。プレーヤーの趣味や性格が垣間見えるヘッドカバーは、意外と奥が深い世界なのです。

ゴルフスイングはフィニッシュの型をつくればヘッドが走る!
正しいゴルフ英語を使いこなそう!ホントはヘンテコな言葉ばかり!


--------------------------------------------------
文・rinokam【ゴルフィ公式ライター】
某トーナメントコースでのキャディ歴10年で、1万人以上のゴルファーを観察。ゴルフの面白さを、キャディとゴルファーの両目線でお伝えします。

(提供元:golfee

ゴルフィ ロゴ

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives