クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By
 

知らない間に減っている ブレーキの簡単・確実なメンテナンス法とは

ブレーキはパッドだけではなくローターも消耗する

DIXCEL brake

クルマのブレーキは、パッドとローターの摩擦によってクルマの動きを制御しています。
ホイールに付着するブレーキダストは、この摩擦によって発生するローターの削れカス。
つまり、それだけローターが摩耗し、減っている証拠です。

DIXCEL brake

なお、パッドやローターの消耗スピードは、車種や走り方によって変わることも覚えておきたいポイント。
欧州車など、ブレーキダストが多く発生する車種は、その分、ブレーキの減りも早めで、より小まめなチェックが必要です。

ローターは、周囲との段差が交換のサイン

DIXCEL brake

ブレーキローターの標準的な交換サイクルは6~8万㎞。ただ、ローターも消耗するスピードは車種や走り方によって変化するため、こちらも点検は必須です。
パッドに比べると減るスピードが遅く、消耗の度合いも判断しにくいローターですが、誰にでも一目で分かるチェックポイントがあって、それが周囲にできる段差です。新品にはないこの段差が目立つようになったら、距離が達していなくても交換時期と考えます。

DIXCEL brake

なお、“摩擦熱を蓄える機能”を持つローターは、減るほどに性能が低下していくパーツです。ブレーキの性能を落とさないためにもメンテナンスは怠れません。



新品と比べた場合

無題

点検は『洗車のついで』に、がベストで確実

無題

タイヤと違い、隠れた場所にあるブレーキの摩耗チェックは、意識的に行う必要があります。定期的な点検時期としてオススメなのが洗車時。クルマやホイールを洗う際に、それとなく目視確認をするクセをつけるのがベストです。




なお、ディクセルではブレーキのメンテナンスをより分かりやすく解説した動画を用意。こちらも大いに参考になりますよ。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事