クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By
 

車高を簡単に調整できるエアサス…そのメリットとデメリットは?

フレキシブルな特性の「エアサス」

【東京オートサロン2017】JATS

一部高級車に純正で使用されているエアサス。私達の生活の身近なところでは、「バス」に使用されていますね。乗降の際に乗車口付近の車高を下げる事で、乗りやすくする「利便性」を持たせているといえます。また車いすや、体の不自由な方にとっても有用な装備として活躍しております。

【東京オートサロン2017】JATS

さて、乗用車にも純正であるケースもありますが、多くの場合は「アフターマーケットパーツ」で取り付けていると考えます。アメ車の「ローライダー」といったモデル等、有り得ないくらい低い車高のクルマを見た事があると思います。またスポーツカーでも「エアサスコントローラー」と組み合わせる事で、ロードコンディションに合わせて車高を上下させる、といった芸当ができるので好んで導入するオーナーも存在します。

このようにエアー量で車高を任意で調整できる為、見映えと実用面を兼ね備えている為、いろいろ都合がよい装備ともいえます。

V36 スカイライン エアサスの取り付け

エアサスの弱点…

【東京オートサロン2017】JATS

純正でエアサスの付いているクルマ、あるいは後付で足回りを換装したクルマに必ず必要なのが「エアサスコントローラー」です。

エアサスの中に入っているのは「空気」であり、オイルや金属パーツ等のように劣化する類いのものではないので、故障しにくい、という認識があるかもしれませんが、車高を大きく下げて走るのは「空気圧が低い、エア量が少ない状態」の為、ユニットに負担がかかります。純正エアサスで車高を下げた場合、メーカー推奨のコンディションでない状態での使用になりますから、予期せぬトラブルに見舞われる可能性もありますので、注意が必要です。

エアサス最大の弱点は「エア漏れ」。気密性の高いパーツでありますから、そのパッキンが経年劣化する事でもこのエア漏れは発生します。ただでさえそうした弱点があるのですから、メーカーも想定していないほど頻繁に空気圧を変更する事で「寿命が縮まる」ということが考えられます。

そもそも、車高を下げて走るというだけで、公道においては大きなリスクが発生するともいえます…。

エアサスの利点も大きい…

【東京オートサロン2017】JATS

とはいえ、金属サスでは得られない優雅な乗り心地、乗り味といったものが「エアサス」の魅力であり、それを求める方もおられるでしょう。純正エアサスのついたクルマを購入される場合は、「エアサスコントローラー」の有無を必ずチェックする事が重要です。

前述のようにコントローラーで酷使されたエアサスは当然劣化が進んでいると考えられます。エアサスコントローラーが付いていた場合は、極力「走行距離の少ない」個体を選ぶべきですし、加えて言えばコントローラーを「付けてからの走行距離が少ない」個体がなお良い、と当然ながら指摘できますよね。

確かに、車高を任意で調整できるのは「ファッション性」と「実用性」を兼ね備えたカスタムにも繋がりますので、魅力はあるかもしれません。しかしクルマやサスへのダメージは車高を下げるほど大きくなりますし、場合によっては「違法状態」になるといえます。

劣化により交換すると非常に高価なのがエアサス。できれば純正の状態のまま、使用した方が良いということでしょうね…。

この記事をシェアする

最新記事