日産のRB26DETTは、なぜ名エンジンと呼ばれるのか?

RB26DETTエンジンとは?

RB26DETTエンジン 1989年

皆さんが考えるエンジンの魅力とは、どんなものでしょうか。エンジン音(吸・排気音)?馬力やトルク?チューニングで1000馬力超えられる耐久性?加速のフィーリング?それともレースでの戦歴?

RB26DETTエンジンには、数々の魅力があり、それがまた幾多のファンを惹きつける要因となっているのでしょう。

RB26DETTエンジンは、日産自動車が製造していた直列6気筒ガソリンエンジン。RBエンジンの一型式であり、総排気量は2.6L、バルブ数は24バルブ、2基のターボチャージャーで過給されます。

『RB26DETT』という名称は、Response Balance 2600cc DOHC Electronic Twin Turboの頭文字のこと。スカイラインGT-R用のエンジンとして開発され、R32 GT-Rから搭載されました。その後、RB26DETTは、後継車種であるR33、R34と、ファインチューンを繰り返しながら搭載されてました。

では、名エンジンと言われるRB26DETTエンジンの魅力とはなんでしょうか?インターネット上で良く出てくるコメントを調べ、考察してみました。

次ページRB26DETTエンジンの魅力

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives