冬が終わったあとのカーケアは何をすべき?

冬のダメージは想像以上に大きい

洗車

今シーズンの冬も、ウインタースポーツに温泉にと愛車を活用した人は多いと思います。今年は日本全国で降雪が多く、都市部で想像以上の積雪がありました。ですので、例年よりもじっくり春のカーメンテナンスをしてあげたいものです。

まずは、基本の洗車。雪にはたくさんの埃・塵や有害物質が含まれています。雪は雨と違ってボディを流れないので、降雪の後はこうした物質がドアや窓の隙間などに多く溜まってしまいます。また降雪地帯では融雪剤が道に散布され、ボディやシャシーに付着します。融雪剤は塩化カルシウムや塩化ナトリウム、いわゆる塩です。

これらの物は、一般的な洗車機では落とすことができません。一般的な洗車機は表面しか洗わないからです。雪道を走った後の洗車で、最も洗浄力が高いのが高圧洗車機です。降雪地帯にはガソリンスタンドにありますが、都会ではなかなかお目にかかることが少なくなりました。ですので、雪国へのドライブが多いという方には、家庭用高圧洗浄機の購入をお勧めします。

最近ではコードレスタイプもあるので、ちょっとしたスペースがあればどこでも使うことができます。ケルヒャーやリョービ、アイリスオオヤマといったメーカーがメジャーで、ホームセンターなどで販売されています。

“ちょっと高価で…”という場合は、散水用ホースのジェット水流でもいいのですが、若干水圧が弱く、付着した汚れが落ち切らないことも。都市部の場合は、高圧洗浄機を装備しているガソリンスタンドや洗車専門店を、チェックしておくといいでしょう。

洗車

洗車する場合は、まず下の方から行います。汚れは主に車両の下部に溜まっていることが多いのです。まず車両の下を清水で十分に洗います。ドアシルやサスペンション、ホイール、車体の裏側などに付着した融雪剤や泥汚れをしっかりと落としましょう。

多少水道代はかかりますが、じっくり汚れを落とすのがポイントです。これらの汚れを放っておくと、錆の原因となり、最悪はメカトラブルに結びつきます。

次にボディの上部。薄めの洗剤水溶液を作り、それをスポンジに付けてボディを洗います。これは泡で洗うのではなく、水の表面張力を界面活性剤で無くして、水がボディになじみやすくするための行程です。

ボディ全体に洗剤水溶液がなじんだら、歯ブラシなどで窓の周囲の隙間やルーフ上の隙間などの汚れを軽く搔き出します。あまり力を入れるとボディに傷が付くのでご注意を。

終わったら、水で勢いよく洗い流します。縦の隙間は水の噴き出す方向も縦に合わせ、横の隙間には横方向に吹き出されるのが、きれいに洗うポイントです。水を直接噴射できないドアやゲートの裏側は、濡らしたウェスでよく汚れを取り除きましょう。

自然に水滴がボディを流れるくらいになれば、塗装面がきれいになった証しです。

次ページ低温で劣化した各部をチェック

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives