愛車を守るために!車上荒らし対策5選

①古典的、でも効果あり!「ボディカバー」

ボディカバー

決して高額なカバーでなくても構いません。いたずらをする側もリスクを考慮しますから、自動車のボディカバーを外す手間が抑止力として働くはず。これだけでも十分な効果と言えるのではないでしょうか?

ボディカバーは、クルマを使うたびに毎回着脱しなければならないという面倒な面もありますが、だからこそ効果も見込めるというものです。

ボンネットが熱いうちにボディカバーを被せても大丈夫?

②犯罪者に対してアピール「防犯カメラ&ドライブレーコーダー」

ドライブレコーダー

防犯カメラのメリットは、大きく2つあります。1つは、周囲に防犯対策しているというアピールが出来ること。そしてもう1つは犯人を特定できる可能性が高まることです。

そういったリスクを侵してまで、犯行におよんでも得られるメリットが少ないとなれば、いたずらをする気持ちは起きないでしょうね。

ここのところ注目されているドライブレコーダーのなかには、防犯機能を備えたものもありますので、これからドライブレコーダーの導入を考えている方は、そういったモデルを探してみてはいかがでしょうか。

フロントに付けている人が多いドライブレコーダー…車のリアにも取り付けて大丈夫?

③自宅駐車場なら「センサー付きライト」

センサー付ライト

車両へのいたずらの多くは夜間に行われます。街が寝静まった時にひっそりと行ったほうが、犯人としてもバレるリスクが低いと踏んでいるからです。

そんな夜間に活躍するアイテムが、センサー付ライトです。人が近寄っただけで明るくなりますので、驚いて落書きを断念するかもしれません。

また防犯カメラを併用すれば、そのまま落書きを続けたとしても、ライトのおかげで鮮明な映像が防犯カメラに残るというメリットもあります。

④警報音で威嚇する「カーセキュリティシステム」

人が近付いたり、ボディの振動などによって、警報装置が作動するカーセキュリティシステム。

カーセキュリティシステムを搭載してあれば、車両に小さな振動が入っただけでも警報音が鳴るようにセットできます。深夜に大きな音は目立つので、誰かが来るかもしれないという心理的プレッシャーを与えられます。これだけでも有効な防止策です。

⑤根本的な問題?「駐車場選び」

愛車のいたずら防止を考えるとき、以外に見落としがちなのが駐車場所です。

金銭以外にも、それぞれに諸事情があるので、いちがいにどんな駐車場がベストとはいえないのですが、青空駐車場と一軒家のガレージとではリスクはまったく異なります。

月極駐車場でも表通りに面したものから、裏路地にあるもの、さらには場内の停める位置でもリスクは変わってきます。また、機械式の物もあれば平置き、建物の地下など、さまざまな駐車場があります。

数千円安いからといって人通りの少ない青空駐車場を選ぶよりも、安全対策のために、治安の良い(セキュリティ対策が施された)駐車場を選ぶのもポイントです。

クルマは運転している時よりも駐車場に停車している時間のほうが圧倒的に長いものです。少しの対策を取るだけも、いたずらのリスク軽減に繋がります。自分自身の環境に合わせて、出来ることから行ってみてはいかがでしょう?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives