中古のレクサス LSと新車の日産 フーガ。買うならどっち?

レクサス LSとはどんな車?

レクサス LS

レクサス LSの初代モデルは、LS400として1989年にアメリカでデビューしました。ほぼ同時期に発売されたトヨタ セルシオがそれで、現行モデルは5代目にあたります。ただし日本国内でレクサスLSが販売されたのは、2006年デビューの4代目以降で、国内では2代目のLSにあたります。

新車(5代目)の価格帯は、980万円〜1,680万円と国産車のトップに位置する超高級車で、最新モデルとなる5代目には大型カラーヘッドアップディスプレイに歩行者の存在する方向を表示するより直感的な歩行者注意喚起、ブレーキ制御に加え自動で操舵を制御するアクティブ操舵回避支援など世界初の装備を惜しみなく投入しています。

クーペスタイルの優雅なデザインによって新しい時代の高級セダンをアピールしながら、歴代LSの持ち味であった滑らかでパワフルな走りや圧倒的な静粛性や快適性を昇華させています。

LSの中古車市場は?

無題

LSの販売が日本で始まったのは2006年。10年以上が経過しており、中古車として見かける機会も増えてきました。2006〜2008年の低年式モデルでは100万円以下の個体も見つけることができます。

しかし今回は新車のフーガと比較するということなので、現行フーガの新車価格500〜700万円台のLSを、レクサス認定中古車で確認してみましょう。

ちなみに認定中古車とは、レクサス基準(納車前12品目の部品交換と90項目以上の点検整備を実施)を満たした車両で、一般の中古車に比べるとお値段は少々高いのですが、そのぶん非常に程度が良く、アフターケアも万全です。(2年間走行距離無制限の保証と、2年間無料のメンテナンスプログラム付)

馬力や走行性能は!? 新型LS500hはどう変わった?

日産フーガとはどんな車?

日産 フーガ

日産 フーガは、セドリック・グロリアの後継として2004年にデビューしました。車名はまったく変わってしまいましたが、型式はY50、Y51などセドグロ時代の”Y”から始まる型式を持っています。日産においては、シーマの次に位置する高級セダンです。

現行モデルは2009年に発売された2代目で、アメリカ市場を意識した設計により、ボディは全長5mに迫る大柄ボディとなり、2.5L V6、3.7L V6で全車7速ATを搭載。駆動方式はFRと、3.7Lのみ4WDも選べます。

2015年にマイナーチェンジを受け、外観がよりスポーティに、またグリルエンブレムはスカイライン同様インフィニティとなり、米国で販売されるインフィニティQ70に近い仕様となりました。

では、中古のレクサス LSと新車の日産 フーガ。どちらを買うのがおすすめでしょうか?

日産ラグジュアリーセダン フーガ|中古価格・燃費・走行スペックまとめ!

次ページ中古のレクサス LSと新車の日産 フーガ。どちらがおすすめ?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事