中国製とはおさらば!? メルセデスが純正オプションに「光モノ」パーツを用意!

光モノとは?

車で言う光モノとは、運行に関係のない場所でのランプを使ったカスタムパーツのことで、ドアプロジェクター、スカッフプレートの照明などを指します。

なかでもドアプロジェクターは人気のパーツで、ドアを開けた際に足元にメーカーのエンブレムなどが映し出されます。標準のカーテシランプに比べると、足元を照らすというよりは見せる要素が強いパーツです。最近は、ドア下部ではなくミラーに取り付けて同様の効果が得られるタイプも出てきています。

スカッフプレートも高級感を向上させるパーツで、メーカーエンブレムなどが浮き出すように発光します。

これらは運転時の安全性に貢献するわけではありませんが、夜間の見栄えを美しくできるカスタムパーツとして人気があります。ただし、車体の発光部分が増えるという意味では、少なからず安全性・視認性に貢献しているかもしれません。

メルセデス・ベンツが光モノを強化

メルセデス エンブレム
メルセデス ドアプロジェクター
メルセデス スカッフプレート

光モノオプションは社外品が非常に多く、ネットでも簡単に探すことができます。価格が安いのは魅力ですが、ブランドの権利を無視したものが多く、品質や信頼性、ほかにも心配な点があります。

この光モノ系の人気を受けて、今回メルセデスは、AMGに純正オプションを設定。これまでのフロントグリルエンブレムに加えて、スカッフプレート、ドアプロジェクターを発表しました。すべてLED内臓タイプで、マイカーを美しく彩ります。

ロゴは、AMGとメルセデスが用意され、AクラスからGLSまで装着可能です。

※日本国内での車体エンブレム(光るベンツマーク)に関しては、ヤナセのオリジナル商品となります。

あなたの愛車にもいかがですか?

ドアプロジェクターのことをウェルカムランプと呼んだりすることがありますが、乗車する人を迎え入れてくれるようなそんな役割もあります。

先述したように、夜間の"見せる"という点では非常に有効なアイテム。マイカーに誰かを乗せた際にも、気づいてもらいやすいカスタムと言えます。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事