新型センチュリーに搭載されず…今後国産車はV12エンジンを搭載しないのか?

2017年東京モーターショーにて発表されたセンチュリー

【東京モーターショー2017】トヨタ センチュリー

V型12気筒エンジンとはどんなものなのか?

そもそもV型エンジンとはどんなものなのでしょうか。V型エンジンはその名の通り、クランクシャフトに繋がれたピストンとコンロッドが、正面から見ると「V」の字に見えることから名付けられました。V6気筒からV12気筒が、自動車用エンジンとしては一般的です。

一方、ほとんどのクルマに搭載されているのは、直列型エンジンです。これはピストンとコンロッドが、まっすぐ縦に並んでいるものです。この並びのことを”バンク”と言い、バンクがどう並んでいるかによって呼び方が変わるわけです。

V型エンジンはピストンが互い違いに配置されているため、直列エンジンに比べるとサイズを小さくすることができます。これにより搭載スペースが小さく済むため、そのぶんのスペースを居住空間やクラッシャブルゾーンなどの安全性のための空間に充てることができるわけです。

また重心が低いのもV型エンジンのメリットのひとつで、それが優れた運動性能や快適な乗り心地に繋がっています。

V型は気筒が多くなるほど、アクセルを踏んだ時のトルク変動が少なくなり、優れたレスポンス、加速性を発揮します。これまでセンチュリーに積まれていた1GZ-FE型5.0L V12エンジンは、まるでモーターのような加速が特徴です。

そのため、加速をしても前後にギクシャクと揺れることがなく、振動も抑えることができます。まさにセンチュリーらしい高級感のある乗り心地を実現しているのです。

ちなみにV12エンジンは、フェイルセーフという点でもメリットを持っています。フェイルセーフとは故障や誤作動の時でも、安全側に制御する性能のことを言います。V12エンジンは片側のバンクが停止しても、もう一方のバンク6気筒だけで動くという特徴を備えており、エンジントラブルに強いというメリットを持っています。

ではV型エンジンのデメリットは? というと、直列エンジンに比べると部品点数が多いため構造が複雑になり、同時に重量が増えてしまいます。これは燃費という点でマイナスになるだけでなく、自動車メーカーとしてはコストの面で厳しくなるのです。

次ページV12エンジンを搭載している現行モデルとは?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事