日本のナンバーのまま海外の道路は走れるの?

日本のナンバープレートで海外を走ることは可能なのか?

日本ナンバー

自分の愛車で海外を走る…なんともロマンがあると思います。日本で見ることが出来ないような景色や、アルプスの山々を駆け抜ける、なんてシチュエーションはクルマ好きにはたまらないでしょう。

さて、こうしたことを現実的に考えた際、愛車を海外で乗るには、どういった方法があるのでしょうか?

今回はそうした点を考えてみようと思います。

まずは、海外に愛車を持ち込む

輸出

日本で登録されていたクルマを海外で一時的に使用するための制度としてカルネ(自家用自動車通関手帳)というものが存在します。

JAFでは以下の通りに説明しています。
『自動車カルネ(正式名"AIT/FIA Carnet de Passages en Douane")は、自家用自動車(含自動二輪)の一時輸入の通関手続を簡素化する書類です。これによって一時輸入された自動車は、その国に登録する必要はなく日本登録のままで外国を走行することができますが、定められた期間内に再輸出しなければなりません。カルネの有効期間は1年間で、ご使用後はJAFへご返却いただきます』

つまり、JAFから申し込むことができます。有効期間は1年なので、海外をそのまま走れるのは、1年間限定ということになります。

また、このカルネを利用できる条件として、
・車両が日本で登録されており、車検が切れていないこと
・かならず日本へ持ち帰ること
・カルネ名義人本人が海外へ渡航すること
・滞在国への持込期間が、その国が定めた期限を越えないこと

期間限定で使用する許認可制度であり、また海外でそのクルマを売却するなどの行為は禁じられる、ということになります。

他方で、このカルネを利用すれば、期間内に外国を何カ国にも渡って旅することも可能となり、ラリー等海外のモータースポーツ競技会に参加する場合は、もれなくこのカルネを使っている、という事になりますね。

カルネを使用する場合、ナンバープレートはどうなる?

前述のように、期間限定で海外で愛車を使用する場合にカルネは非常にありがたい制度です。では、ナンバープレートはそのまま日本のもので大丈夫なのか?といえば、さすがにそういうわけにはいかないようです。

カルネ制度を利用して外国に日本登録のクルマ持ち込んだ場合、ナンバープレートをアルファベットで記載された「国際ナンバープレート(カルネプレート)」に変更する必要が当然あります。しかし国によってはこの国際ナンバーを必要としないケースもあります。

いずれにしても、こうした旅に出る際には綿密なプランを立てるでしょうから、事前にJAFに申請確認と、行く予定の国の大使館で確認を行うのがマストです。

愛車で世界を旅する…なんとも冒険心をくすぐられますよね。

オーストラリアのタスマニア島を貸し切り状態で開催するタルガ・タスマニアや、ヨーロッパで開催されるヒストリックカーイベントにエントリーするなど、クルマ好きであれば一度は憧れたことがあるはず。

そんな理由から行動に移すのも、非常に夢があるのではないでしょうか。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事