バイクのすり抜けによる接触事故…逃げられた際の対処法は?

そもそもバイクのすり抜けって合法?

すり抜け

歩道と車両の間ギリギリのところを走行し、クルマが渋滞している横をそのまますり抜けるバイクは少なくありません。対向車からは車の陰に隠れて見えにくいため、右直事故が起こりやすいのもこの状況です。しかし、この”バイクのすり抜け(車両左側)”に関して、明確な法規制はありません。

ただ、安全運転を心がけているバイクユーザーは、すり抜けをしないという方が多いようです。もちろん、クルマが渋滞しているときに横をすり抜けて、スイスイと走り抜けて行くことが、バイクの醍醐味という意見もあります。

ちなみに、クルマの右側から車線変更をせず(車と同一車線)追い越す場合は違反となります。

すり抜けで接触事故を起こされ、逃げられたら?

バイク

渋滞するクルマの横をバイクがスイスイとすり抜けていく様を「バイクは渋滞知らずでいいな~」と見ている分には良いのですが、すり抜けの際にクルマに接触し、そのまま逃げられたらたまったものではありません。

クルマはバイクのようにすり抜けることはできませんし、クルマから降りて追いかけることも不可能でしょう。

もし当て逃げをされそうになったら、まずは相手のナンバーを控えましょう。バイクのナンバーは小さくて読みにくいのですが、そんなときはバイクのカタチ、色、デザインなどを覚えておくと良いかもしれません。

また、すぐにスマホなどで写真が撮れる状況にあるなら写真を撮っておきましょう。バイクが遠く離れて小さく写ってしまっても、画像があるかないかは、後の捜査に大きく関係してきます。

※運転中の携帯電話・スマートフォンの使用は違反です。助手席に座っている方に撮ってもらう、もしくは車を停めてから携帯操作をしましょう。

物損でも警察は動いてくれる?

警察官

かつて警察は、怪我人がいなくて物損だけの事故だとなかなか動いてくれないといわれていました。しかし、近年は当て逃げも立派な犯罪ということで、きちんと捜査を行う警察が増えてきたように思います。

筆者も過去2回、当て逃げされた経験がありますが、ナンバーなどを記録できたときは1時間程度で所有者を特定、その1時間後には謝罪の電話があり、さらに保険会社からも修理代の支払いの連絡がありました。

ナンバーがわからない場合も、諦めずにできるだけ早く110番し、事故の状況を伝えましょう。車を停めてキズの状況も写真に収まておくことも大切です。あとは事故の場所など周辺の様子も写真に収めましょう。

自衛するならドライブレコーダー

ドライブレコーダー

近年、ドライブレコーダーを装着するクルマが増えています。値段も数千円のものからありますから、装着しておくと安心です。

当て逃げされたら画像を保存、慌ててナンバーを控える必要もありません。また、常時記録型のドラレコならば、ドライブの記録ムービーとして楽しむこともできます。

ナンバーや車種を記録することは、早い解決につなげる要件ですが、相手を捕まえるための無茶な追跡は絶対にやめましょう。ほかの交通を巻き込んで、2次的なトラブルに発展する危険もあります。ドラレコがあれば、そんなトラブルになることもないと思います。

当て逃げをされても、冷静な対応を心がけたいものですね。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事