運転が上手な人とはどのような人?運転が上手くなるコツを教えます。

何をもって運転が上手いと言えるのか?

①車両感覚を掴めているか

ランドクルーザー200 運転 車内 ドライブ

上手な運転…まずひとつは、車両の大きさ(車両感覚)が掴めているかではないでしょうか。

狭い道路で対向車とすれ違う時や、路肩に停車する時など、愛車の大きさを掴めていないととても困難ですよね。

※動画では、車間距離と表現していますが、正しくは車両感覚です。

②ウインカーやハザードランプの使い方

ウィンカー

みなさんは、右左折時に利用するウインカーを点滅させるタイミングは、曲がる30m手前、車線変更する3秒前にしましょうと教習所で習っているはずです。

ところが路上では、ウインカーを点滅させるタイミングが遅かったり、最悪の場合は点滅すらせずに車線変更、右左折をする車を見かけます。このウインカーを正しく使える人は、まわりに迷惑をかけずに運転ができる人です。

また、駐停車中に点滅させるハザードドランプには、教習所では教えてくれない慣習的なサインとして使用することがあります。それは、渋滞時やバック時、お礼の時などです。このハザードランプも上手く使いこなせる人を運転が上手いと言えるでしょう。

③縦列駐車・バック駐車

縦列駐車

運転初心者が一番苦手とするのが、駐車でしょう。現在は多くの車がバックモニターを標準装備しているため、以前よりかは楽に駐車できるようになりました。

しかし、狭い駐車場で、両隣の車が近いなんて状況の場合は、冷や汗ものです。この駐車がスムーズにできる人は運転がうまく見えます。

これも車両感覚が大事になる運転のひとつですね。

【動画】車の運転がうまくなるコツ

この記事をシェアする

最新記事