今後交通事故がゼロに!? テスラはやはり時代の先を行く…

電気自動車?なのに、0‐100km/h 2.7秒!

無題

現在、テスラの主力車種となっているモデルSは、テスラによってゼロからデザインされたセダンタイプの車で、2009年3月に発表されました。

モデルSには、60、60D、75、75D、90D、100D、P100D の7つのグレードがあり、60や90などの数字はバッテリー容量、Dはデュアルモーター(AWD)、Pはパフォーマンスモデルを意味しています。

トップグレードP100Dの加速力は、0‐100km/hが2.7秒、0-60マイル(96km/h)加速が2.5秒と猛烈な速さですが、2016年秋には0-60マイルが0.1秒短縮可能な「隠しプログラム」があることを公表しました。

0‐100km/h加速2.7秒という数値は、世界で最も高額で速いクルマとして知られるヘネシー・ヴェノムGTスパイダーや、マクラーレンP1などと同等の世界トップクラス。しかし、これらが億円単位の価格であるのに対して、テスラのモデルSは、トップグレードのP100Dですら約1,700万円という破格な値段も驚異的です。

次ページ衝突安全性も世界トップレベル!!

関連キーワード

この記事をシェアする

最新記事