日産 GT-Rが170㎞/hで電柱に衝突!するも運転手は無事…GT-Rの安全性能とは?

日産GT-Rが170km/hで電柱に激突する映像

2015年5月、サッカー・ロシア代表のアンドレイ・エシュチェンコ選手が運転する日産 GT-Rが、制限速度を遥かに超える時速約170kmの猛スピードで電柱に激突した瞬間が、道路に設置された監視カメラに記録されていました。

助手席側のフロントから電信柱にヒットしたGT-Rは一瞬で大破…なんと、電信柱を根こそぎ倒してしまいます。電信柱が折れるとは、恐ろしいまでのエネルギーが発生したのでしょう。

しかし、よく見ればドライバーのエシュチェンコ選手は、大破した車から自力で脱出しています。そして救助の要請も断っていたとか?身体のどこかを室内にぶつけているはずですが、外傷はほぼナシだったようです。

これだけの大事故なのに、ドライバーが軽傷だったのは、車の安全性の高さももちろんあるでしょうが、ぶつけどころが良かったということになるのでしょうか。とはいえ、いくらなんでも時速170kmで電信柱にクラッシュして、ドライバーが軽傷というのは、やはり奇跡的な出来事だったと思います。

次ページ日本車の安全基準は?

この記事をシェアする

最新記事