即日完売!? 764馬力2億7,500万円のパガーニ。なんで、こんなに高いの?

ワールドプレミア前に完売した約2億7500万円のスポーツカー…

パガーニ

イタリアに拠点を置くパガーニ・アウトモビリ社は個性的なスーパースポーツを少数生産する実に個性的なメーカー。2010年まで生産されたパガーニ ゾンダがその名を世に知らしめました。

そのゾンダの後継モデルが「ウアイラ」。ゾンダ以上の運動性能を備えたこのモデルには、メルセデスのAMG M158 V型12気筒6.0Lツインターボエンジンを搭載、最高出力544kW(730ps)/5,800rpm,最大トルク1,000Nm(101.9kgm)/2,600〜4,200rpmというスペックを誇ります。

ゾンダよりも約200mm全長が延ばされたボディサイズは、全長4,605mm✕全幅2,036mm✕全高1,169mm。ホイールベースは2,795mm。車両重量は、1,350kgに抑えられています。

なかでもウアイラの白眉は、アクティブサスペンションと4枚の可変スポイラー(ウイング)。走行状況に応じて適切なダウンフォースを生み出す、まさに未来の映画から飛び出したようなモデルです。このウアイラのプライスは、1億円以上です。

そして2017年3月、スイスで開催されるジュネーブモーターショーで「ウアイラ ロードスター」がワールドプレミアとして登場するとのこと…なのですが、この限定100台生産予定のモデル、すでに完売なのだそう。

その価格は228万ユーロ(約2億7,500万円)。唯一無二のスーパーカーに相応しいプライスなのですが、世に出る前に完売というのが、なんとも庶民にはわからない世界でもありますね。

さて、そんなウアイラ ロードスターとはどのような車なのでしょうか?

次ページさらなる進化をさせた「ウアイラ ロードスター」

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事