アウトランダー、エクストレイル、ランクル…それぞれどう違う?

定番SUV!! 三菱 アウトランダー、日産 エクストレイル、トヨタ ランドクルーザー

三菱アウトランダー 2016

ご存じのように、SUVとはスポーツ・ユーティリティ・ビークル(Sport Utility Vehicle)の略であり、かつてはクロスカントリーモデルなどがその代表でした。しかし近年では、クロスカントリー的な要素もありながら、上質感と洗練されたエクステリアを持つモデル、BMW X5などが発表され、これが市場で大いに受け入れられています。

つまり、現在のSUVとは、悪路走破性をある程度備えたセダンやクーペベースのモデル、といった表現が適切かもしれません。もちろん雪国や悪路の多い国でもニーズが高く、その車種は年々増加しています。

今回紹介する三菱 アウトランダーと日産 エクストレイル、そしてトヨタ ランドクルーザーは、そういったSUVのなかではクロカン性能を重視した設計のモデルです。

特にトヨタ ランドクルーザーは「ランクル」の愛称で知られ、その長いモデルライフのなかで悪路走破性と居住性が磨かれてきました。元祖SUVといえます。

アウトランダーとエクストレイルに対して、ランドクルーザーにはどういった特徴があるのでしょうか。

次ページ進化したAWD性能が売りのアウトランダー

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事