10年以上前の日本車vs韓国最高スペック車…結果から見る日本車のクオリティは?

1世代違いのFRスポーツクーペ対決

赤い2台のFRスポーツクーペがスタートラインに並び、エキゾーストノートとともに高まる興奮。

ゼロヨンともドラッグレースとも呼ばれるスタートダッシュ競争の醍醐味ですが、今回スタートラインに並んだのは、日本と韓国を代表する2台のハイパワーFRスポーツです。

1台は1993年にデビューして2002年まで生産された日本の90年代を代表するハイパワーFRマシン、日本国内スペックでは325馬力/46kgf・m(海外版)を発揮する3リッターツインターボの2JZ-GTEを搭載した、トヨタ•スープラ。

そしてもう1台は、2008年にデビューした韓国の代表的なハイパワーFRマシン、350馬力/40.8kgf•mを発揮するラムダエンジンを搭載した、ヒュンダイ ジェネシスクーペ。

グリーンシグナルと共にジェネシスクーペが轟然とダッシュ、スープラは一瞬遅れてスタートしたもの、ツインターボの大トルクによって途中でジェネシスクーペを抜き去り、1世代違いの日韓ハイパワーFRスポーツクーペ対決は、スープラに軍配が上がったのでした。

古くてハイパワーの車が速いのはよくある話

これだけ見ると、やっぱり韓国車は遅れているだの日本車最高だのと言い出す人がいるかもしれませんが、コトはそう単純な話ではありません。

安全性能なども追求した結果として大きく重くなったスポーツカーが、昔から続く速さを保つというのはそう容易な話では無いからです。

大幅な改造が許されるカテゴリーであればともかく、規則によって改造制限の厳しいカテゴリーのモータースポーツであれば、結果的に昔の安全装備が未発達ながら、既にハイパワーエンジンを搭載していた時期の古いクルマが速い事など当たり前だったりします。

ただし、それだと新車を発売しているメーカーとしては、イメージ的にあまりよろしくないという事情もあって、規則によって古いクルマを締め出したり、あるいは新しいクルマの方が重量の下限に対する規制が緩かったりする事も、またよくある話…。

そういう意味では、3.8リッターと排気量で上回る直噴エンジン(ヒュンダイは三菱からGDIのパテントを買っています)ながらNAでトルクの面で圧倒的に劣るジェネシスクーペは、排気量で劣ってもツインターボの大トルクで爆発的な加速が可能なスープラに対して、大健闘したと言えるのではないでしょうか。

次ページ生まれ変わるジェネシスクーペを迎え撃てる日本車は数少ない?!

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事