徹底解明!ニューヨークの黄色いタクシーにはどう乗ればいいのか

イエローキャブとは?

NYの黄色いタクシー、「テレビや映画で見たことはあるけど、名前は知らない」って方が多いのでは?このタクシーはイエローキャブと呼ばれています。イエローキャブとはアメリカのタクシー会社のことで、NYのみならずアメリカ各地で走っています。しかし、日本では一般的にNYを走るタクシーとして認知されているように思えます。
車体の色が黄色なのは「遠くからでも最も目立つ色が黄色」であるという研究結果に基づいてのことです。

「タクシー・オブ・トゥモロー」計画でNYのタクシーが変わる?

セダンタイプでお馴染みのイエローキャブですが、今までのタクシーでなくなる可能性があります。NY名物のイエローキャブですが、日産自動車がミニバンタイプの「NV200」を今後10年間に渡って供給するという、「タクシー・オブ・トゥモロー」計画が日産とマイケル・ブルームバーグ市長(決定当時)によって現在進行中です。

しかし、この計画は地元のタクシードライバーの反対にあっていて裁判になっています。2013年10月の裁判では地元裁判所が「日産車の導入を市が強制することはできない」としてタクシードライバー側が優勢でしたが、2014年6月の裁判では高等裁判所が地裁の決定を覆して二転三転している状況です。

日産の車の方が便利だとしても、今の車の形でなくなってしまうのは少し寂しいですね・・・

タクシーの乗り方

タクシー

まずはタクシーに乗るまで。
タクシーを停める前に、そのタクシーの屋根の上に付いているボックスを見ましょう。空車の場合はライトが点灯していなくて、満車だったり誰かが予約していたりすると点灯しています。そのため、点灯していないタクシーを探しましょう。実際に停める時には車道に2,3歩入って手を上げましょう。控えめに上げてはダメです。
停まってくれて乗り込む際には1つ注意があります。日本と違って手動ドアのため、自分で開けなければいけません。

【注意点】
・夕方はドライバーが休憩時間のため、タクシーが捕まえづらいです。
・イエローキャブには4人しか乗れません。その人数より多いと乗車拒否される可能性があります。
・あまりにも近かったり、進行方向と逆だったりしても乗車拒否される場合があります。

乗ってから~支払いまで

乗ったら行先だけ言えばいいです。i want to go to~など言う必要はありません。ドライバーは移民が多く、施設や店舗の名前に詳しくない場合があるため、行先は通りの名前を言う方がベター。

【タクシーに乗る時に覚えておくと便利な英語】

何年くらいタクシードライバーをやっていますか?
How long have you been a taxi driver?
コミュニケーションの始まりに。

ラジオをかけてくれますか。
Could you turn on the radio?
そもそも話したくないという方に。勘がいいドライバーだと察してくれます。

11ドルだけ取ってください。
Take eleven.
11ドル払いたい(チップ込み)が20ドルしか持っていない場合に。20ドル渡してtake eleven と言いましょう。何も言わないと気前がいいと思われて下手したら20ドル持っていかれます。

金額はどのくらい?チップはいくら払うの?

初乗り運賃は$2.50です。夜間料金は50セント追加、朝のラッシュアワーはプラス1$になります。日本のタクシーに比べて安いですね!
支払いの際にはチップを渡しましょう。しかし日本ではチップを渡す文化がないため、どのくらい渡せばいいか分かりませんよね。基本的には料金の10%ほどが妥当です。しかし、少なくとも1$は渡しましょう。もし、この上なくサービスに満足したならばもっと渡すのもアリです。

【注意点】
・レシートは必ずもらいましょう。クレームを言うときや忘れ物をした際に必要です。



いかがだったでしょうか。日本とはだいぶ異なるNYのタクシー。乗り方をちゃんと知っていれば便利なこと間違いなしです!

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事