FD3S型RX-7の各型はそれぞれ何が違うのか?

スポーツカーは寿命が長い事が多い

無題

量販車の中でもコンセプトが陳腐化せず、安価である事も求められるため小改良や数年に1度のマイナーチェンジを受けて長く作り続けられるクルマもあります。一方、えらく開発費がかかる割に頻繁な性能向上が求められ、おまけに販売台数も少ないので開発費の回収ができずに結果的に長く作り続けられるクルマもあります。

スポーツカーの場合はどちらかといえば後者のケースが多く、中には日産 Z32 フェアレディZのように経営悪化と販売台数の落ち込みでマイナーチェンジもままならず、商品価値が落ちてさらに販売台数が落ち込み…と負のスパイラルに落ち込むことも…。

マツダの歴代RX-7はそこまでひどい話にはなりませんでしたが、他に派生車種などを作りようの無いピュアスポーツカー、しかも3代目のFD3Sはユーノス コスモが1996年に生産終了してからは世界でただ1台のロータリーエンジン量産車だった事もあり、11年もの長い間生産される事となったのです。

1型から6型まで存在するFD3S

RX-7 FDS3

しかしそこは"走りのマツダ"、"ロータリーのマツダ"でしたから、Z32のように半ば放置という事は無く、大まかにといっても合計2回のマイナーチェンジと5回の小規模変更が行われています。

さらにマツダは、現在はともかく以前は「ロットごとに何かしら改良してくる」と言われていたため、厳密に言えば何度改良されたのかは分からず、マニアでも例えば「1型改B」のような分類をしている人はいません。

そこで、分類としては、デビュー当初の1型から、2002年8月に生産終了するまでの6型までの6つの「FD3S」が存在する、という分類の仕方が主流になっています。

では、それぞれの型を見ていきましょう。

次ページアンフィニ RX-7として始まったFD3S

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事