運転が下手なドライバーの共通点とは?

他車に対しては厳しい目を向ける!?

運転

こんな奴は運転がヘタ!という意見は、ネットの書き込みでも散見されますが、大抵は乱暴な言葉が飛び交っていることが多く、ドライバーの不満はかなり溜まっているように見受けられます。

運転があまり上手ではないと感じる行為として挙げられているのは、マナー違反、駐車場で枠内に入れるために何度も切り返す、ブレーキを頻繁に踏む、動作がノロい、などなど。

路上では皆、他車に対してストレスを感じているのが実情のようです。

難しい操作はクルマが代わりにやってくれる?

今日の自動車文明を開いたT型フォードはズバリ、運転が難しい車でした。

戦前の車などは、ドライバーの技術で運転にも格差があったことでしょう。しかし現在はテクノロジーの進化が繰り返され、ドライバーへの負担を機械が肩代わりしてくれるようになりました。それが油圧ポンプやモーター、数々の電子制御技術であったりするわけです。 これらにより車の運転は、格段に快適になりました。

大きなデバイスとして例を挙げると、始まりはエンジンスタートでしょうか。クランクハンドルをブン回していた時代が、いまやボタンひとつになり、ミッションにしてもクラッチペダルを必要としていた時代がオートマチックになって、クラッチペダルが消えました。 

また、急ブレーキでタイヤのロックを防ぐポンピングブレーキをABSが代わりにやってくれますし、滑りやすい路面ではトラクションコントロールが介入し、4輪を制御して車を安定方向へ導いてくれます。 

最近では、運転の技量が試される駐車場でも、車から降りた後は車が勝手に駐車してくれる、なんて機能が実用化されているのですから、ホテルの駐車係はリストラを心配しなければいけない時代がくるかもしれません。

このように車がアシストしてくれる分だけ、運転操作はイージーになってきており、免許を持っている誰もが一定の技術で車を動かすことができる時代になりました。

では、現代の車の運転にあたり、上手い、下手の線引きになるのはどこなのでしょうか?

次ページ運転の上手い、下手ってどういうこと?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事