車の運転で「車幅感覚」を身につけるにはどうすれば良いのか?

ドライブ(車両感覚)

初心者やペーパードライバーの方で、「車幅感覚(車両感覚)がわからなくて怖い」という人は結構多いです。しかし、それが、なぜ怖いのでしょう。怖い割には、よくぶつけたりしているケースも。ぶつけるのは車両感覚がわかってないからだと思っていませんか?そんな事はありません。

Chapter
まず「車幅感覚」とは何か?
あらゆるドライバーの目的はただひとつ「無事に帰る」
ぶつける理由は車幅感覚ではない
車の感覚を覚えるのは意外と簡単
大事なのは安全マージン

まず「車幅感覚」とは何か?

読んで字のごとく、運転するために運転席に座り、車の幅をどれくらい把握しているかが車幅感覚です。実際には車の運転をするのに幅だけ意識していればいい、何て事はありませんので、全長や突起物、ハンドルを切った時の車からハミ出た分のタイヤも含めます。

さらに、幅そのものをどれだけ把握していても、ぶつからないような隙間が0.1mmしかなければ、少しのミスが事故に繋がりますから、当然安全マージンとして、実際の車より少し余分にスペースを取ります。

それらを含めた全てが「車幅感覚(車両感覚)」と言えます。

皆さんのほとんどは、コンクリートウォールまでギリギリを走るレーサーでも無ければ、パイロンギリギリでターンを決めるジムカーナドライバーでも無いのですから、一般道を安全に走るためにはこの「安全マージン」を大事にしてください。

あらゆるドライバーの目的はただひとつ「無事に帰る」

車幅感覚は「ぶつけないため」に必要なものです。狭い道でのすれ違い、車一台分あるか無いかの、左右を壁に挟まれた道を通り、時にはそれだけ狭いスペースで曲がったり幅寄せすら要求されます。

そうでなくとも、自動車の運転というのは無限の空間をただ走るわけでなく、限られたスペースを、時には他の自動車やバイクと「暗黙の了解」のうちに活用し、譲り合って運転するものです。

そこで必要な車幅すら見えていなければ、、できる作業ではありません。そしてその目的はただひとつで「無事に帰る事。」これに尽きます。ぶつけたりこすったりしてたら、無事に帰ったとは言えません。

一番偉いドライバーは、速い人でもアクロバティックな運転ができる人でも無く、無事に帰る事ができる人なのです。レースやラリーで、どれだけ速くてもゴールできない人にはご褒美がありません。自動車を運転する以上、レースでもコンビニへの買い物でも、その点で違いはないと言えるでしょう。

<次のページに続く>
次ページ
ぶつける理由は車幅感覚ではない