高級SUVを代表するベンツGLEとレクサスRX…どちらが買いか?

メルセデス ベンツ Mクラス

2015年10月より、メルセデスの車は名称の整理により『GLE』クラスと呼ばれるようになったMクラス。映画『ジュラシックパーク』の中でパーク内を移動する車として使われたことでも有名で、メルセデス初のSUVとして1997年に登場しました。現行モデルは『GLE』と名称を変え、初代から数えて3代目になります。

日本導入モデルは、GLE350d、AMG GLE63Sの2グレード。

・GLE350d
V型6気筒 3L ディーゼルターボ(9速AT)
最高出力:258ps、最大トルク:63.2kgm
燃費12.9km/L

・AMG GLE63S
V型8気筒 5.5L ツインターボ(7速AT)
最高出力:585ps、最大トルク:77.5kgm
燃費:7.4km/L

GLEとなってもMクラス時代とデザインはほぼそのまま踏襲されていますが、最新のメルセデス顔に生まれ変わっています。安全装備もレーダーセーフティパッケージ、LEDインテリジェントライトシステム、アダプティブハイビームアシスト・プラス、注意力低下を教えてくれるアテンションアシスト、360°カメラシステム、狭い場所での取り回しをサポートするパークトロニック、縦列および並列駐車をサポートするアクティブパーキングアシストなどの装備も充実しています。

レクサス RX450h

2015 Lexus RX450h version L

こちらも最新モデルが発売されたばかりの『RX450h』RXシリーズの最高峰として、RX200tの上という位置づけです。

・RX450h
V型6気筒3.5L + モーター(無段変速)
最高出力:システム最高出力313ps(4WD仕様)
燃費:18.8km/リットル

現行モデルは『ハリアー』の時代から数えて4代目となり、さらに迫力を増した大きなスピンドルグリルが特徴。エンジンとフロントの電気モーター(4WDはリアにも)を備え、システム全体では313psを誇ります。

レクサスらしく安全装備も充実しており、歩行者検知機能付衝突回避支援タイプの「プリクラッシュセーフティ」「レーンキーピングアシスト」「オートマチックハイビーム(AHB)」「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)」の4点をパッケージ化した予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」を全車に標準装備しています。

他にも安全運転支援システム「ITS Connect」(全車にメーカーオプション設定)、インテリジェントクリアランスソナー、駐車時に左右後方から接近してくる車両と衝突の危険性がある場合に自動的にブレーキ制御するリヤクロストラフィックオートブレーキ(RCTAB)などもグレードによっては装備可能です。

GLEとRXの価格を比べてみると?

AMG GLE63Sは価格帯があまりにも違うので、今回はGLE350dとRX450hを比べてみましょう。

・GLE350d 4MATIC
8,680,000円

・RX450h AWD F sports
7,425,000円

価格だけを見ると、レクサスは充実した装備の割には安く、GLEと比べると約120万ほど差があります。またGLE350dは本革仕様で929万円、4MATIC Sportsで964万円とさらに高くなります。

GLEとRXのスペック比較

2015 Lexus RX450h version L

0〜100キロの加速性能をメーカー公表値で調べてみましょう。RX450hの7.7秒に対し、GLE350dは7秒。0.7秒の差は結構大きいですね。

これはGLE350dがディーゼルエンジンで、トルクが63.2kgmもあることが大きいでしょう。これにより2,250kgもある巨体にもかかわらずこの加速が出来るものと思います。

価格ではかなり差はありますが、動力性能についてはさすがアウトバーンの国、ドイツの車ですね。

ほぼ同時期に新モデルとなったこの2つの車は良きライバルとして、SUV市場を引っ張っていきそうですね。どちらも甲乙つけ難い車ですが、価格差を考慮せずに考えると動力性能を重視するならGLE、燃費や快適性などを重視するならRXといったところでしょうか。

あとはデザインの好みや、日本車とドイツ車の根本的な乗り味の違いをどう評価されるかだと思いますので、ぜひ一度、試乗もされることをオススメします。

所有欲が掻き立てられる!人気レクサスモデル10選の新車・中古価格は!?
レクサスRXの中古価格・走行スペック|高級セダンのような大型SUV
SUVとRVの違いとは?ランドクルーザーはどっちに分類される?

この記事をシェアする

最新記事