レクサスLXとメルセデス・ベンツGLクラス…どちらが買い?

レクサスLX

現在、日本で白熱しているSUV競争についにレクサスが参戦してきました。これまで海外でした販売していなかったレクサスLXを今年の9月から日本でも販売開始。一体どんな車なのか?日本で人気の外車SUVであるメルセデス・ベンツGLクラスと比べてみました。

Chapter
レクサスLX
レクサスLXのライバルはベンツGLクラス?
レクサスLXの実用性は
レクサスLXの燃費は

レクサスLX

レクサスLXは主に北米で売られていましたが2015年に日本国内でも販売開始となりました。

レクサスの魅力の一つにあるラグジュアリーな内外装に加え、新しい空調システムや自動の車高調整機能を標準装備しています。しかも1グレード展開で、価格は1100万円程度とレクサスブランドにふさわしい高級SUVとなっているようです。

5.7ℓV8エンジンで、ボディーサイズは5065×1980×1910mm(全長×全幅×全高)とどっしりのフルサイズ、3列シートの8人乗りです。インテリアでは金属、革、本木目と異なる素材のコントラストを際立たせ、ラグジュアリー感を演出。本格的なオフロード走行に強いとの評判を象徴するように、車両の姿勢状態を容易に把握できる水平基調のインストルメントパネルが装備されています。

レクサスLXのライバルはベンツGLクラス?

こちらもフルサイズラグジュアリーSUVのメルセデス・ベンツ GLクラス。すでに日本でもかなり人気のあるSUVです。ボディサイズは5125×1935×1850(全長×全幅×全高)とレクサスLXと変わらないビックサイズで、7名乗り。価格は一千万円から。大きさもほぼ変わらず、価格もほぼ同等。まさにレクサスLXのライバル的存在となる一台です。

どちらもエンジンに優れ、本格的なオフロード走行にも定評があります。GLクラスはディーゼルになったことでガソリン仕様よりもトルク値が下がるなどの課題はありましたが、街乗りで乗る分にはどちらを選んでも間違いない走りを得られる性能といえます。

内装の豪華さはさすがレクサス。ラグジュアリーを追求したレクサスにしか出せない洗練された高級感があります。GLクラスのインテリアもシックで上質に作りこまれていますが、レクサスはさらにもう一味足してきたといったところでしょうか。

<次のページに続く>
次ページ
レクサスLXの実用性は