知ってた?タクシーの行灯に隠された意味

社名表示灯(あんどん)の役割

タクシー

タクシーは、会社や国によってさまざまなデザインの行灯が天井に付いていますよね。

日本のあれは、社名を表示すると同時に防犯対策にも機能するパーツなんです。

タクシー強盗対策!

強盗が車内に侵入した時、運転手はヒミツのボタンを押して、天井にある行灯を赤く点減させることができます。すると、車内の犯人には悟られずに車外にSOSを示すことができるのです。なるほど、考えましたね。

ここに会社の名前をつけるようになったのは、現在でも社名表示灯の90%近くのシェアを誇る竹内工業所。1954年に、この防犯灯に社名を入れてアピールすることを思いついたのです。

現在は空車を意味する際に、白色の点灯で車外に知らせる地域もあります。夜に重宝しますよね。

SOSを出しているタクシーの行灯

なぜ今も行灯がついているの?

安全設備も向上したタクシー。現在、車内防犯カメラなんていうのも結構ついていますよね。

緊急時用の特別な点滅をするハザードランプがあるなど、昔に比べてずいぶんと防犯対策は進んでいるように感じられます。

それでも無くならない行灯、実は法律でタクシーはつけましょう!と規定されているのです。

タクシーは、安全面や質の保持的意味合いから国の許可が必要です。一般車が無許可でタクシー事業を始めないように、タクシーを一般車から区別する必要があるのです。

その他さまざまな理由もありますが、行灯はタクシーのシンボルです。逆に、一般のクルマはつけることが出来ません。これも法律で特定の車の特定のランプ以外は白色の灯火(コーチランプ)をつけてはならないと規定されているからです。なんだかちょっぴり残念ですね。

タクシーの行灯が風力発電になる!?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事