2017年に登場?S660のタイプRが100馬力超えで追加される可能性は?

自主規制を突破しなかったS660…

ホンダのビート以来、久々の軽スポーツカー「S660」の登場はセンセーショナルなものでした。またその時点から噂されていたのが、「いよいよ自主規制の64馬力を突破するのでは」という事です。

普通車の280PS自主規制が撤廃された現在、軽自動車でも64馬力以上のクルマがリリースされる可能性も出てきており、一時は「100馬力は出してくる」のではないか、という噂もありました。

しかし結果としては、自主規制丁度の64馬力、でのリリース。ホンダとしては「タカタエアバッグ問題」もあったため、慎重なスタートをせざるを得なかったのではないか、と思われます。ホンダらしいエッジの効いたコンパクトスポーツを期待した向きからは落胆もあったかもしれません。

軽自動車64馬力規制を作ったあのクルマ…

軽自動車は64馬力の自主規制なのは周知のとおりです。この基準を作ったのが、1987年2月に発売されたスズキの「アルトワークス」です。3気筒 4バルブ…当時はまだ排気量が550ccでした。これをインタークーラーターボで過給し、最高出力64馬力、最大トルク7.8kgmを発揮させたのです。実は64馬力ではなく、78馬力で出そうとしてたらしいのですが、認可を受けられずに「64馬力」となったいきさつがあるようです。もしこの時認可されていたら現在の自主規制は「78馬力」だった事でしょう。

当時は軽自動車もパワーアップが著しい時代であったこともあり、馬力競争を憂慮した政府から指導が入ったのです。この「自主規制」は排気量が660cc。車体も大型化した2015年現在も生きており、なんとも功罪あるアルトワークス、といえるところ。ただ、当時の軽自動車の衝突安全性は現在と比べるべくもなかった為、この規制はあって然るべきだったとも言えますね。

しかし現在の技術で作った軽自動車は衝突安全性も高くなっており、ましてやスポーツモデルのS660であれば、自主規制を超えてくるのではないか、と噂が出たわけです。

次ページ軽自動車で100馬力は簡単に出せるのか?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事