下取りか買取りか?車の買い替えで賢いのはどっち?【PR】

愛車をどのように手放すべき?

「下取り」と「買取り」はどう違うのでしょうか?

自動車を買い換える際に頭を悩ますことの1つとして、「これまで乗っていた愛車をどのように手放すか」があります。
新車購入の場合には、ディーラーに「下取り」に出すことで、新車購入費用に充てるというケースが多いですが、それ以外にも、「買取り」査定に出すという選択肢も。
「下取り」の場合、車両の購入と一度で済ませることができるので労力は少なくて済む点がメリットと言えます。
一方で、「買取り」の場合は、買取り専門店などで愛車の価値を査定してもらい、査定額に納得すれば販売し愛車を現金化、そのお金で次なる愛車の購入資金にすることができます。

買取りのメリット

買取

買取りの場合の1番のメリットとしては、下取りよりも査定額をアップさせることで、より高く車を売れることでしょう。
一般的に、買取り価格は中古車業者におけるオークション相場がベースになっているので、下取りよりも高い額で査定されるケースが多いです。

カーナビやサンルーフといったオプションパーツも付加価値として評価してもらえるケースもあります。
当然ながら、車は高価なものですので、どうせ売るなら高く売れた方が良いですよね。

下取りに出す前に、まずは買取り査定をしてみることをおすすめします。

買取りを成功させるコツは?

買取

まずは基本的な話になりますが、査定前に最低限の洗車・掃除はしておいた方が良いでしょう。
可能な限り購入時の状態に近づけておくことが重要です。また、整備をしっかりとしていたのであれば、整備記録簿も車の販売時の大切な情報源になり、アピールポイントになります。

そして、客観的な判断を行うために、複数社から査定を受けることをオススメします。最近ではWEB上での一括査定サービスがあり、それらを利用するのが良いでしょう。

愛車を手放す前に…一括査定サービスは利用すべきかも

査定

一括査定サービスなら、ネット上で複数の業者へ一度に見積もりを依頼出来ます。
複数の業者で一括査定をすれば、最も高い査定額の業者を容易に見つけ出すことが可能に!

どの査定業者に頼めば良いのかわからないという場合も、一括査定サービスを使えば、簡単に条件にあった査定業者を見つけることができ、査定相場を知ることが可能です。
また、査定後に「本当に有利な査定額なのか」「担当者は信頼できるか」などを比較検討することにより、より自分にとって理想的な条件で車の売却を進めることもできます。

下取りと買取りのそれぞれのメリットについて簡単にご説明しましたが、一度ネットで一括査定をするだけでも、愛車の適正な買取価格がわかります。
大事な愛車を手放す際は、まずは一括査定サービスで愛車の本当の価値を診断してみてはいかがでしょうか?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事