あの重いGT-R(R35)を止めるブレーキの秘密とこだわりとは?

秘密1 ブレーキキャリパー

GT-R ブレーキ1

このR35 GT-Rが装着する、ブレンボ製対向ピストン式ブレーキキャリパーは、アルミモノブロック構造とすることで、軽量化と剛性向上を図っています。ピストンの数がフロント6ポッド、リヤ4ポッドとする対向ピストン式キャリパーは、高速域からでも確実な制動力発揮し、あの速さに貢献しているのです。

またフロントキャリパーの開口部を補強するダブルタイロッドを採用し、制動時のキャリパーの変形を抑制しています。ここまで社外品などによくありがちですが、さらに続きます。

秘密2キャリパーの固定方法

GT-R ブレーキ3

通常、キャリパーはタイヤの車輪軸に対して、平行に挿入したボルトで固定しますが、GT-Rは車輪軸に対して垂直にボルトを3本挿入し、キャリパーを固定する3点ラジアル固定方式を採用。これによって、制動時のキャリパーのわずかな動きも抑制しています。

そして、強力な制動によって生み出される超高温エネルギーを放出するために、ピストンラジエーターを採用し、ブレーキ冷却性能を高めています。これらによってペダルフィーリングにシッカリ感が生まれ、ドライバーがブレーキペダルを強く踏み込んだ時の安心感につながり、スポーツ走行のドライビングプレジャーを高めるのです。

このキャリパーの参考価格、
Fr 1個 160,000円
Rr 1個 120,000円

秘密3 ブレーキパッド

R35 GT-Rのブレーキパッドは、寒冷地雪上走行からサーキットアタックまで、およそ-40℃~1,000℃の非常に幅広い温度範囲で安定した制動力・耐フェード性能・耐摩耗性能を実現するために、鉄分を多く含む高剛性ハイスチールブレーキパッドを採用し、セラミックブレーキシステムと同等の性能を実現しています。チューニング用ブレーキパッドでも、ここまで温度域の広いものはなかなかありません。

また、パッドの有効面積は110㎠であり、スーパーカーの中でも最大級。さらに、パッドの座金の厚みを一般的な5.5mmから7.5mmにすることで高剛性化し、ペダルフィーリングを向上させています。

まるでレースカーのような造りなので、ブレーキが冷えてるときや、低速時の踏力が弱いときはキーキー音が鳴ることも。

このブレーキパッドの参考価格は下記です。
Fr 1台分 120,000円
Rr 1台分 80,000円

次ページ秘密4 ブレーキローター

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事