なぜスカイラインにメルセデスのエンジンが搭載されたのか?その背景とは?

外国製エンジンを搭載したスカイラインの登場

日産 スカイライン 200GT-t

2014年6月、日産スカイラインにダイムラー製エンジンを搭載したモデル「200GT-t」が登場し話題となりました。なぜなら、日本のメーカーが外国メーカーのエンジンを搭載する例など、OEMを除けばそれまでなかったからです。

スカイライン「200GT-t」に搭載されたのは、メルセデス・ベンツCクラスやEクラスで250とされるグレードに搭載される、274型になります。

このエンジンは、DOHC 直列4気筒ターボで、最高出力211ps、最大トルク35.7kgmを発生する、昨今欧州では主流のいわゆるダウンサイジングターボと呼ばれるタイプのエンジンです。

日産のホームページでは、「パワーみなぎる走りと優れた燃費性能を両立する次世代のターボエンジン」と紹介されています。

ただし、両車のエンジンはまったく同じものではないようで、スペック上では最高出力や最大トルクは同じものの、最大トルク発生回転数やJC08燃費が異なっています。エンジン型式も、スカイラインは「274930」で、Eクラスは「274920」という型式になります。

ちなみに、北米で販売されるインフィニティブランドのQ50(スカイラインの北米モデル)では、ダイムラー製のディーゼルエンジンを搭載したモデルもあります。

では、スカイラインにダイムラー製のエンジンが搭載された背景について考えてみましょう。同型のエンジンということで、エンジンの詳細な違いに関しては触れませんので、その点はあかかじめご了承ください。

次ページ日産とダイムラーの関係

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事