祝・ワーゲンにマニュアル復活記念!~初心者も必見、マニュアル運転のコツとは?

ワーゲンのマニュアル導入に勝算あり?

このほど、フォルクスワーゲンがマニュアルギアボックス車の輸入を復活させたのは、マニュアル車ファンにとっては明るいニュースでした。クルマの運転を積極的に楽しみたいと思うクルマ好きは世の中に少なくないはずですが、この日本では圧倒的多数でオートマチック車が選択されてしまうため、ラインナップから落とされ続けてきました。

もちろんフォルクスワーゲンのDSGは出来がいいですし、運転感覚もダイレクトで、シーケンシャルやパドル操作にも素早く反応し、これはこれでスポーツドライブを楽しいものにしてくれる逸品でもあります。

それでもフォルクスワーゲンがマニュアルを復活させたのには、それなりの勝算があってのことでしょう。

ペダルが一本増えるということ・・・

車画像

マニュアル車の運転。それはペダルが一本増える、操作するべきことが増える、少々ハードルも高く、また渋滞の多い日本では面倒に思われる方も少なくないと思います。

しかしクルマ好きにとってはこの、一つならずも増えた運転操作を十全にこなし、クルマをスムーズに、しかも速く走らせる、ということに大きな喜びを抱けるはずです。ちょっと運転スキルの高い人、と人から思われるのは自慢になりますよね。

最初はAT限定で免許を取得した人が、途中でマニュアルの限定解除を行なうケースもかなりあるようです。

オートマ全盛の現代にあってちょっとチャレンジングなマニュアル車、その運転のコツや楽しさについてご紹介いたします。

半クラッチのポイントはアクセルを煽らないこと

マニュアル車の運転でひとつの関門になるのは「発進」ではないでしょうか。さらにいうなら発進時の「半クラッチ」。

どうしても前に進もう、はやく発進しよう、苦手だからはやく終わらせたい、という心理が働くため皆さん緊張される瞬間ではないでしょうか。ましてやしくじってエンストしてしまったら、後続車からクラクションが鳴らされ、同乗者からはツメタイ視線・・・。

でも大丈夫。クルマをまず信用してください。

どういう意味かというと、クルマのエンジンというのはアイドリング回転数を保つようにコンピュータで制御されています。ですから、よほど焦ってクラッチを操作しない限り、エンストは避けられます。大事なのはクラッチペダルをゆっくり繋ぐことです。

ブレーキを踏んだままゆっくりクラッチペダルを繋ぐと、クラッチ盤がエンジンの動力を受け摩擦を始める瞬間を足の裏で感じることができます。この感覚を忘れないようにしてください。周りにクルマがいない、広い敷地などで練習を繰り返すことでコツがつかめてくるはずです。この感覚を感じた時にブレーキを離すと、意外にスルスルとクルマは動き始めます。
半クラッチをオートマのクリープ現象と同じ感覚で認識するとわかりやすいです。

強化クラッチを取り付けたようなチューンドカーなら別ですが、ノーマル車ならあまりアクセルを煽らずに、低回転で半クラッチをおこない、発進したほうがスムーズです。慣れると駐車場内の移動などであれば、クラッチ操作だけでクルマを動かすことができるはずです。

次ページマニュアルは遅い?・・・それでも選択される理由とは?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事